許可なくエレベーター製造し 木材販売業者など2社を送検 高岡労基署

許可なくエレベーター製造し 木材販売業者など2社を送検 高岡労基署

許可なくエレベーター製造し 木材販売業者など2社を送検 高岡労基署の画像

 富山・高岡労働基準監督署は、製造許可を得ずに積載荷重1トン以上のエレベーターを共同で製造したとして、富山県射水市の2社を富山地検高岡支部に書類送検した。労働安全衛生法第37条(製造の許可)違反の疑いがある。

 送検したのは、木材加工販売業の叶ホ甚と同社工場長、および鋼構造物工事業の樺テ幡鉄工と同社代表取締役の2社2人。令和3年9月、石甚に定期監督を実施したところ、違法に製造したエレベーターの使用を現認している。2社はいずれも、過去にエレベーターを製造したことはなかった。

【令和4年1月24日送検】

関連記事(外部サイト)