無資格者に玉掛けさせて書類送検 労働者に鉄板が落下 徳島労基署

無資格者に玉掛けさせて書類送検 労働者に鉄板が落下 徳島労基署

無資格者に玉掛けさせて書類送検 労働者に鉄板が落下 徳島労基署の画像

 徳島労働基準監督署は、無資格者に対して吊り上げ荷重1トン以上の移動式クレーンの玉掛け作業を行わせたとして、阿波バラス梶i徳島県吉野川市)と同社工場長を労働安全衛生法第61条(就業制限)違反の容疑で徳島地検に書類送検した。令和2年3月、同社労働者が負傷する労働災害が発生している。

 労災は、同社工場で発生した。工場長を含む3人で、ワイヤロープで玉掛けした鉄板の束を移動式クレーンでトラックから地面に降ろす作業をしていた際、鉄板の束が傾いてワイヤロープが切れ、労働者に落下している。

【令和2年7月9日送検】

関連記事(外部サイト)