労働者に賃金の一部支払わず NPO法人を送検 北九州労基署

労働者に賃金の一部支払わず NPO法人を送検 北九州労基署

労働者に賃金の一部支払わず NPO法人を送検 北九州労基署の画像

 福岡・北九州西労働基準監督署は、賃金の一部を所定日に支払わなかったとして、就労継続支援B型事業場の特定非営利活動法人にじの会(福岡検中間市)と同法人理事を最低賃金法第4条(最低賃金の効力)違反の疑いで福岡地検小倉支部に書類送検した。

 同法人は障害者の就労支援業務を営んでいた。平成31年3〜4月、スタッフ業務に従事していた労働者1人に対し、定期賃金30万円の一部を支払わなかった疑い。少しずつ支払ってはいたが、遅延や未払いの月が続いていた。

 同法人は経営が立ち行かず、今年5月に活動を廃止している。

【令和2年9月8日送検】

関連記事(外部サイト)