フォークリフトの用途外使用で送検 フレコンバッグを運搬させる 東大阪労基署

フォークリフトの用途外使用で送検 フレコンバッグを運搬させる 東大阪労基署

フォークリフトの用途外使用で送検 フレコンバッグを運搬させる 東大阪労基署の画像

 東大阪労働基準監督署は、令和2年1月に発生した死亡労働災害に関連して、「天野化学工業所」の個人事業主(大阪府東大阪市)を労働安全衛生法第20条(事業者の講ずべき措置等)などの違反の容疑で大阪地検に書類送検した。フォークリフトを主たる用途ではない、フレキシブルコンテナバッグの運搬に使用させていた。

 同個人事業主は、プラスチックの成形加工業を営んでいる。用途外使用の結果、高さ2.22メートルのトラック荷台から積まれたフレコンバッグの上にいた労働者が墜落して死亡している。

【令和2年9月29日送検】

関連記事(外部サイト)