ブームの兆し!生ビール“宅配”覇権争い…先行するキリンをアサヒが猛追

ブームの兆し!生ビール“宅配”覇権争い…先行するキリンをアサヒが猛追

ブームの兆し!生ビール“宅配”覇権争い…先行するキリンをアサヒが猛追の画像

ブームの兆し!生ビール“宅配”覇権争い…先行するキリンをアサヒが猛追(画像)Asier Romero / shutterstock

新型コロナの感染拡大による自粛の長期化で、国内ビール市場が大きく様変わりする中、家庭向けの生ビール宅配サービスがブームの兆しを見せている。


ビールサーバーを貸し出し、生ビールを定期配送するサービスは、2017年にキリンビールが始めた。今夏はコロナ禍で高まった「家飲み需要」のさらなる取り込みを狙う。



「キリンの宅配サービスは専用サーバーを無料で貸し出し、1リットル入りの容器で月2回ほど届けるシステムです」(酒類担当の広告代理店関係者)


宅配サービスはサブスクリプション(定額制)が主流で、人気のクラフトビールなど4種類ほどを用意し、顧客に選んでもらう。料金は月額8250円(税込)からで、サーバーには保冷機能があり、ビール容器をセットすると開栓から48時間保管できるという。


自宅でサーバーから注ぐ贅沢感!

一方、アサヒビールも5月25日、会員制の家庭向け生ビール宅配サービス「ドラフターズ」を開始する。こちらで届くビールは同社の主力「スーパードライ」で、ミニ樽2リットル缶2本を工場から直接配送する。


「ビールサーバーは飲食店用の技術をもとに開発され、専用ガスをサーバーにセットして注ぐので、店の生ビールと同じクリーミーな泡も楽しめます」(同)


サービス価格は月額7980円(税込)で、一部の飲食店で展開する氷点下まで冷やせる「エクストラコールド」も備えている。


「家庭向けの生ビール宅配サービスはやや割高ですが、サーバーから注ぐという自分でしか味わえない優越感と贅沢感は、外出自粛の中でストレス解消になりますよ」(ビール愛飲家ジャーナリスト)


家庭向け生ビール宅配サービスをめぐる競争は、新規メーカーの参入も予想され、さらに加熱しそうだ。

【画像】

Asier Romero / shutterstock



関連記事(外部サイト)

×