『バルミューダ』スマホ“低スペック高価格”で賛否「斬新」「ぼったくりすぎ」

『バルミューダ』スマホ“低スペック高価格”で賛否「斬新」「ぼったくりすぎ」

『バルミューダ』スマホ“低スペック高価格”で賛否「斬新」「ぼったくりすぎ」の画像

(画像)Roman Samborskyi / shutterstock

新興家電メーカーのバルミューダが、11月16日に同社初のスマートフォン『BALMUDA Phone』を正式発表した。カラーバリエーションはホワイトとブラックの2色で、価格は10万4800円。ネット上では「電源ボタンの位置が革新的すぎる」や「値段が高い」と、賛否両論が飛び交っている。



《おっ、バルミューダがスマホ出したんだ! このメーカーはデザインがいいから期待できるね》


《バルミューダのスマホ、片手で操作しやすそうだね。こういう小さくて軽い機種を待ってた》


《バルミューダのスマホ、背面に電源ボタンってもしかして世界初じゃない? これは斬新だな〜》


《丸みのあるデザインなんだな。女性ウケしそうだね》


同社は、大手レーベルと契約したこともある元ミュージシャンの寺尾玄氏が2003年に設立。これまでも、二重構造の羽根がウリの扇風機や、スチーム機能でパンをしっとり焼き上げることができるトースターなど、高機能でオシャレなデザインの家電などをリリースしてきた。


「半額になってもまだ高い」

それゆえ、いずれの商品も高額で、今回のスマホもスペックの割に価格が高すぎるといった声も。


《バルミューダのスマホ、デザインはともかく値段Pixel6より高いってマジかw 高すぎて誰が買うねん》


《トースターとかは好きなんだけどなぁ。スマホのデザインと価格見て笑うしかなかったわ》


《デザインも昔のiPhoneみたいだしスペックも低い。おまけに10万4800円ってぼったくりすぎだろw》


《デザインは好きだけど値段がアホだわ。売れなさ過ぎて投げ売りされるの確定だな。半額になってもまだ高い》


さらに、自慢のデザインにも苦言が…。


《電源ボタンが背面にあるのってどうなんだろ? カメラとしょっちゅう間違いそう》


《バルミューダのスマホの『河原に落ちている石のような質感と曲線デザイン』というのは良いのか悪いのかわからんぞ。でも、たしかに水切って飛びそうな形してるw》


「10万4800円とかなり高額なのに、IPX4の生活防水レベルしかないことなどが不評を買っているようですね。もともとデザイン重視のメーカーですから、機能はあくまでも二の次。購入者はバルミューダのファンがメインになるでしょう」(家電ライター)


価格とスペック競争が激しい業界に、低スペック高価格のデザインスマホで殴り込みをかけたバルミューダ。はたして、どれだけのユーザーをゲットできるのか。



関連記事(外部サイト)