すしざんまい“感動的な美談”まさかのフェイクニュース!?「マジで信じてた」

すしざんまい・木村社長がソマリアの海賊を消滅させたという報道は誤報で落胆する声

記事まとめ

  • すしざんまい社長はソマリアの海賊にマグロ漁を教えて海賊を消滅させたとの逸話がある
  • これを紹介したプレジデントオンラインが、事実確認が疎かだったと述べて謝罪した
  • ネット上では「まぁ嘘でも映画を見たと思えば許せるか」などの声が寄せられている

すしざんまい“感動的な美談”まさかのフェイクニュース!?「マジで信じてた」

すしざんまい“感動的な美談”まさかのフェイクニュース!?「マジで信じてた」

すしざんまい“感動的な美談”まさかのフェイクニュース!?「マジで信じてた」の画像

すしざんまい」運営の喜代村・木村清社長(C)週刊実話Web

情報サイト『プレジデントオンライン』が12月24日、公式ツイッターでお詫び文≠掲載。その内容は『すしざんまい』のファンをガッカリさせるものだった。



《【お詫び】当方で12月23日に配信した記事『ソマリア海賊をあっという間に消滅させたすしざんまい社長≠フ声かけ』は、内容が事実と異なるため削除しました。本件が『ハーバード・ビジネス・レビュー』に掲載された事実はありません。掲載前の事実確認が疎かでした。お詫び申し上げます》


毎年1月5日に行われる初競り≠ナクロマグロを最高額で競り落とす常連のすしざんまい・木村社長。2019年には青森県大間産の「1番マグロ」を3億3360万円という史上最高値で競り落とし、大きな話題を呼んだ。その木村社長がソマリアの海賊を消滅させたというのは、知る人ぞ知る話だ。


「木村社長はソマリアの海賊が貧しさから生きるために行っていることを知り、海賊たちにマグロ業を教え、船舶や設備、売り先もすべて整備し、長年、国際問題になっていた襲撃被害を消滅させたといわれていました。今回、プレジデントオンラインでもそのことを紹介し、あらためて反響を呼んでいたのですが、実際はフェイクだったことが発覚。記事を削除するとともに、謝罪しました。エピソードを信じていたファンにとっては衝撃的だったでしょうね」(ネットニュースサイト編集者)


嘘でも映画を見たと思えば許せるかw

ネット上では、


《え? どこからどこまでが事実と異なるの? ずっと信じていたんだけど…》


《木村社長の武勇伝フェイクニュースだったのか。マジで信じてたわw》


《木村社長がソマリアの海賊を撲滅させた話好きだったなぁw まぁ嘘でも映画を見たと思えば許せるかw》


《この話って、社長がソマリア沖でマグロを仕入れたときにPRとして100%妄想を語ったのを日本のサイトが流したのが広まったんだよね。社長もどこかできちんと否定した方がいいと思う》


《こんな風にして過去のフェイクニュースがゾンビのように生き残っていくんだなw》


などといった声が寄せられている。


ソマリアの海賊を撲滅させたことに感動して、すしざんまいに足を運んだ人も多いだろう。このことがフェイクだからといって、木村社長の偉業が否定されるものではないが、本気で信じていた人にとってはショックだったのではないだろうか。



関連記事(外部サイト)