トヨタ自動車の“8兆円投入”EV戦略に欧州メーカーが白旗!?

トヨタ自動車が電気自動車戦略に8兆円を投入へ 欧州メーカーが白旗を掲げる可能性

記事まとめ

  • トヨタ自動車は2030年までに排ガスゼロ車を30車種投入し、研究などに8兆円を投入する
  • 欧州などのメーカーは将来的な100%EV化を発表しており、無責任との声も出ている
  • これは、トヨタがEV市場に乗り込んでくる前にシェアを押さえようとしているのだという

トヨタ自動車の“8兆円投入”EV戦略に欧州メーカーが白旗!?

トヨタ自動車の“8兆円投入”EV戦略に欧州メーカーが白旗!?

トヨタ自動車の“8兆円投入”EV戦略に欧州メーカーが白旗!?の画像

トヨタ crown (C)週刊実話Web

トヨタ自動車は12月14日、電気自動車(EV)戦略説明会を開催。豊田章男社長自らが登壇するなど、EVに対する意欲を示した。



これまで本格的なEVを発表してこなかったトヨタには、「EVに対して及び腰」というイメージが一部にあり、それを払拭することが大きな目的のようだ。


具体的には2030年までに、EV、ハイブリッド車(HV)、燃料電池自動車(FCV)など、排ガスゼロ車(ZEV)の世界販売目標を年間350万台に設定し、30車種を投入すると明言。ZEVに対する研究開発費や設備投資は、30年までに8兆円に上るという。


「欧州を中心とした自動車メーカーが、将来的な100%EV化を発表していますが、実は最近、この傾向に対して『あまりにも無責任ではないか』という声が高まってきています」(自動車評論家)


トヨタ本腰でEV戦争が加熱!

実際に100%EV化が達成された場合、先進国でさえ現在の発電量では供給が維持できない。そういった事情も踏まえずEV化を標榜しているのは、トヨタのHVに白旗を掲げざるを得ないという背景がある。つまり、トヨタがEV市場に乗り込む前に、シェアを押さえようとしているわけだ。


また、EVの核となる電池の原料は、その多くを中国が握っている。特にフォルクスワーゲングループと中国のつながりは強く、たとえ世界情勢が変わったとしても、関係は揺るがないとみられている。


「今までのトヨタのEVには興味がなかったが、これから作るEVには興味がある。より安全でファン・トゥ・ドライブな車が、EVプラットフォームによって作れる可能性が出てきた」


豊田社長は、ドライバー目線のEV評も語った。


トヨタが本腰を入れたことで、いよいよEV戦争が加熱しそうだ。



関連記事(外部サイト)