東大刺傷の高2少年「罪悪感を背負って切腹しようと考えた」と供述し以後は黙秘続ける

記事まとめ

  • 大学入学共通テストの会場となった東京大学前で受験生2人と男性を刺した高校2年の少年
  • 少年は「東大理Vに入って医者になりたい」と語っていたが、成績が落ちていたという
  • 合格が無理ならば自殺する前に人を殺して、罪悪感を背負って切腹しようと考えたそう

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております