自動車関連企業の二代目社長が“酒気帯び運転”で逮捕の波紋…

自動車関連企業の二代目社長が酒気帯び運転で逮捕 車業界が嫌う酒気帯びは致命的か

記事まとめ

  • G-7ホールディングスは『オートバックス』などのフランチャイズ展開で業績を拡大中
  • しかし、そのG-7ホールディングスの二代目社長が酒気帯び運転で逮捕された
  • 成長企業だが、車業界が忌み嫌う酒気帯び運転での社長の逮捕は致命的だという

自動車関連企業の二代目社長が“酒気帯び運転”で逮捕の波紋…

自動車関連企業の二代目社長が“酒気帯び運転”で逮捕の波紋…

自動車関連企業の二代目社長が“酒気帯び運転”で逮捕の波紋…の画像

(画像)Krakenimages.com / shutterstock

自動車用品店『オートバックス』や低価格食料品店『業務スーパー』などのフランチャイズ展開で、大幅に業績を拡大中のG−7ホールディングス(本社・神戸市須磨区)の社長が、酒気帯び運転の疑いで逮捕され、波紋が広がっている。


【関連】永田町を揺るがす大疑獄の予兆…“令和の政商”を特捜部が家宅捜索 ほか

逮捕されたのは同社社長・木下智雄容疑者(54)。4月30日、道交法違反(酒気帯び運転)の疑いで兵庫県警神戸西署に逮捕された。


「容疑は29日午後11時頃、同市西区井川谷町長坂の市道で酒気を帯びた状態で英国製高級乗用車ベントレーを運転したとされているもの。当人は『知人宅で酒を飲み、帰宅途中だった』と供述し『間違いありません』と容疑を認めています」(捜査関係者)


現場は幹線道路近くの住宅街。木下容疑者は袋小路に入り、方向転換しようとして車の前部と後部が、道を挟んだ2軒の民家の門柱とフェンスに衝突、住民の通報で署員が駆けつけた。


「けが人はいませんでしたが、酒の匂いがしたため検査したところ、基準値の4倍を超える呼気1リットルあたり0.7ミリグラムのアルコールが検出されました」(同捜査関係者)


まさにこれからという時…

G−7ホールディングスは、昨年11月に逝去した木下守氏が創業した会社。智雄氏は長男で、2019年に社長に就任。現在は『オートバックス』と『業務スーパー』以外にも、二輪車店『バイクワールド』や自転車専門店の『トレジャーサイクル』、またミニスーパー『リコス』や農産物直売所『めぐみの郷』など、自社ブランドも展開している成長企業だ。それだけに今回の社長の逮捕、それも車業界が忌み嫌う酒気帯び運転は、まさに致命的だった。


智雄氏は5月2日に社長職と取締役を辞任し、経営から完全に退いた。実に素早い対応だったが、天国の創業社長の父はどう思うだろうか…。


長澤まさみ加工なし“ホンモノ悪質写真”流出?闇サイトにファンも騒然
阿部華也子“ギリギリ衣装”『めざまし』視聴者クギ付け!「永久保存したい」の声
「AKB総選挙」神7だった荻野由佳が芸能界引退!? “美微”で再び勝負の可能性も

関連記事(外部サイト)