インフルエンサーによるステマ蔓延の実態 “ペニオク詐欺”を彷彿させる投稿急増

記事まとめ

  • インフルエンサーや不正レビュー業者によるステマが蔓延している実態が明らかになった
  • 消費者庁が調査委託したアンケートでは、約4割が「ステマ依頼があった」としている
  • 2012年の“ペニーオークション詐欺事件”で小森純らは芸能活動の長期謹慎を強いられた

都合によりこの記事はご覧いただけません。