【参院選】投票用紙約8万3000枚を誤って処分したと、大阪府泉大津市が9日に発表

記事まとめ

  • 参院選に使う投票用紙約8万3000枚を誤って処分したと、大阪府泉大津市が9日に発表した
  • 廃棄文書が入った別の箱と一緒に、市職員が誤ってゴミ処理場に持っていったという
  • 近隣から予備の投票用紙を調達するため泉大津市は投票に支障はないとしている

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております