九州南部を中心に激しい雨が降り、土砂災害や低地の浸水、河川の増水に警戒を呼び掛け

記事まとめ

  • 九州では、停滞する梅雨前線の影響で南部を中心に断続的に激しい雨が降った
  • 気象庁は土砂災害や低地の浸水、河川の増水に対して警戒を呼び掛けた
  • 鹿児島県鹿屋市では、1時間雨量がこの地点の6月の観測史上最多を記録した

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております