台湾海軍が対艦ミサイル「雄風3型」が誤射したと発表 漁船が被害を受け1人が死亡

記事まとめ

  • 台湾海軍はミサイル艇「金江」から対艦ミサイル「雄風3型」が誤って発射されたと発表
  • 南西部の離島・澎湖島沖に落下したが、近くの漁船が被害を受け1人が死亡3人が負傷した
  • 海軍によると、誤射は点検中に発生し、操作ミスが原因とみられ調査を進めている

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております