検察・裁判所のミスで法律の上限超えた懲役刑の判決を最高裁が破棄

記事まとめ

  • 誤って法律の上限を超える刑が確定し服役した男性について最高裁が確定判決を破棄した
  • 上限は懲役1年だが検察官は同1年6月を求刑し裁判官も気付かず同1年2月を言い渡し確定
  • 男性は上限より2カ月長く服役し、その後、検察側がミスに気付いた

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております