川崎市内で「はやり目」と呼ばれる流行性角結膜炎が急増 過去10年間で最多に

記事まとめ

  • 流行性角結膜炎が6月から急増し、川崎市内での報告累計数310人と過去10年間で最多に
  • アデノウイルスの感染で起こる目の病気で、結膜の充血や涙、目やにが特徴
  • 市保健所感染症対策課は「接触で感染するので、タオルの共用は避けて」と呼び掛けた

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております