清涼飲料水の飲み過ぎで「ペットボトル症候群」の危険も 吐き気や腹痛などの症状

記事まとめ

  • 若い世代を中心に清涼飲料水の飲み過ぎによる「ペットボトル症候群」が広まっている
  • 糖分の過剰摂取により、吐き気や腹痛など急性の糖尿病の症状に見舞われるという
  • 看護師は「スポーツドリンクを飲む際は水で薄めること」を勧めている

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております