《なにが違う?》ahamo、povo、LINEMO…実際に3社格安プランすべてに契約したスマホ専門家の考える「ユーザー別の選び方」

NTTドコモ「ahamo」、au「povo」、ソフトバンク「LINEMO」ユーザー別の選び方を紹介

記事まとめ

  • NTTドコモ「ahamo」、au「povo」、ソフトバンク「LINEMO」などの携帯料金プランが開始
  • データ容量20GBでahamoが2970円、povoとLINEMOが2728円、ahamoは1回5分かけ放題を含む
  • ahamo、povo、LINEMOを実際に契約した筆者が、ユーザー別の選び方を紹介する

《なにが違う?》ahamo、povo、LINEMO…実際に3社格安プランすべてに契約したスマホ専門家の考える「ユーザー別の選び方」

《なにが違う?》ahamo、povo、LINEMO…実際に3社格安プランすべてに契約したスマホ専門家の考える「ユーザー別の選び方」

docomoのahamo発表で幕を開けて大手3社格安プラン競争。出そろったいま考える「選び方」とは ©AFLO

 3月からスタートした携帯電話会社のオンライン専用プラン。NTTドコモ「ahamo」、au「povo」、ソフトバンク「LINEMO」など、テレビCMで見かける機会も増えてきた。「月々の通信料金の支払いが安くなるなら、乗り換えてみようかな」と検討している人も多いだろう。

■結局、3社のうちどれがいいの?

 まず迷うのが「3社のうち、どれがいいのか」という点だ。

 それぞれデータ容量20GBで、ahamoが月々2970円(税込・以下同)、povoとLINEMOが2728円となっている。ahamoがちょっと高いように見えるが、1回5分までのかけ放題が標準装備となっている。povoとLINEMOは1回5分までのかけ放題は550円のオプション扱いだ。料金を比較すると、3社であまり違いはないように感じる。

 サービス面において比較すると、ahamoは82の国と地域で20GBのデータ容量が使えるのが特長だ。しかし、コロナ禍でなかなか海外旅行や出張に行けないなか、すぐに活用できるわけではないので、今のところはあまり魅力には感じないかも知れない。

 povoに関しては220円を支払うと24時間、データ容量が使い放題になる。「週末にちょっと旅行する」「今日は1日中、ビデオ会議」といった使い方にマッチする。

 LINEMOはLINEを使う際、チャットだけでなく、音声やビデオ通話の時、データ容量を消費しないのが差別化となる。

■選ぶ基準は…

 これらのポイントと自分の使い方が合うようであれば、乗り換えをオススメする。一方で、「さほど違いを感じないが、とにかく安くしたい」というのであれば、NTTドコモユーザーであればahamo、auユーザーであればpovoを選んでおくのが無難だ。ahamoもpovoもメインブランドの料金プラン扱いなので、移行しやすいのだ。ソフトバンクからLINEMOの場合、料金プラン変更ではなく「ブランド変更」という扱いになるため、いま使っているスマートフォンのSIMロック解除という手続きが必要となってくる。

■実際に3社すべてと契約して試してみた

 筆者はすでにahamo、povo、LINEMOを実際に契約した。すべてオンラインで契約作業を進めていくのだが、正直言って、一般のユーザーにはまだまだ敷居が高いように感じた。

 たとえば、手続きを進めるにあたり、サイトに表示される文書をしっかりと理解しなくてはならない。「SIMロック解除」といったような専門用語もある程度、知っておく必要がある。

 ahamoに関しては、NTTドコモの料金プランから乗り換える際、あらかじめ、これまで使っていたオプションを解約していく必要がある。契約中には「オンライン発行dポイントカード」を発行するなどの手続きが必要だ。スマホから手続きを進めると、どのページに飛んで、どこに戻っていいか、わからなくなることもある。

 また、スマホが通信できなくなるなどのトラブルが発生した際には、基本的にはサポートセンターにはチャットで問い合わせて解決する必要がある。筆者も一度、トラブルが発生した際にチャットを利用したが、結局はコールセンターへ電話するようなメッセージが出てきてしまい、その電話も20分近くつながらないなど、結構、面倒くさい状況に追い込まれた。

■しばらく続きそうな「結構、面倒くさい」体験

 携帯料金の値下げは、2020年9月に発足した菅政権の目玉政策として掲げられていたこともあり、政府から「2020年中になんとかしろ」と携帯電話各社に圧力がかかっていた。

 各社とも時間のないなかで、サービスを構築してきたため、サイトの作り方やサポート体制など、まだまだ試行錯誤の点がある。手続きの導線や文言など改良を進めながらサービス提供している感があるのだ。もう少しこなれてくるのには、まだ時間がかかりそうだ。

■「オンラインが不安」の解決策

「オンラインで契約するのが不安」というのであれば、迷わず店舗に駆け込もう。現在、店舗でも安価なブランド、料金プランが提供されている。

 auユーザーであれば、同じKDDIが展開しているUQモバイル、ソフトバンクユーザーならワイモバイルが選択肢となる。

 どちらもメインとは別ブランドで提供されており、いまではauショップでUQモバイル、ソフトバンクショップでワイモバイルを扱うところも増えてきた。

 povoやLINEMOがオンライン専用プランと位置づけられる一方で、UQモバイルやワイモバイルは「店舗でのサポートもしっかりするけど安い」という点を訴求している。

 例えば、UQモバイルは3GBで1628円、15GBで2782円、ワイモバイルは3GBで2178円、15GBで3278円となっている。オンライン専用プランには「キャリアメール」「留守番電話サービス」がないのが欠点ではあるが、UQモバイルとワイモバイルにはどちらも用意されている。

「いままでの使い勝手のまま安くしたい」というのであれば、こうしたサブブランドに乗り換えるのが無難と言えるだろう。

 NTTドコモには、こうしたサブブランドは存在しないが、4月22日からahamoがオンラインだけでなく街中のドコモショップでも契約できるように改善された。ただし、「有償サポート」ということで、契約する際には3300円の手数料がかかる。申し込みの際、自分でスマホを操作する。スタッフは自分のスマホの画面を見て、必要に応じて操作の案内をするだけだ。契約後の相談も店頭での対応を希望する場合、3300円がかかる。

 いずれにしても、「いざというとき」のことを考えると、無理にオンライン専用プランだけを使うと言うよりも、店頭サポートがしっかりとしたブランドや、有償サポートに頼るという方が良さそうだ。

(石川 温)

関連記事(外部サイト)

×