JPX・横山隆介CIOに聞く DX時代のCIOに求められる「2つの役割」とは

JPX・横山隆介CIOに聞く DX時代のCIOに求められる「2つの役割」とは

日本取引所グループでCIOを務める横山隆介常務執行役

東証システム障害で話題に 横山隆介CIOが語る「ベンダー任せにしない」理由 から続く

 記者会見での当意即妙なやりとりが話題を呼んだ日本取引所グループ(JPX)の横山隆介CIO(最高情報責任者)。

 インタビューの後編では、企業組織におけるCIOに求められる役割、そしてDX(デジタルトランスフォーメーション)時代に求められる「デジタル人材」のあり方について聞いた。

■大規模システム障害で気がついた「取引所はITシステムが基盤」

――意外にもシステム畑一筋ではない、というお話をうかがいましたが、現在のCIO(最高情報責任者)の仕事内容に直結した経験となりますと、どんなことでしたか。

横山 東証で2005年から2006年にかけて起きた、全銘柄売買停止、ジェイコム事件、ライブドアショックと続く大規模システム障害です。私は当時IT企画部の課長でして、情報セキュリティやBCP(緊急事態における事業継続計画)を担っていました。その時に痛感したのは、取引所の仕事というのはいわゆる装置産業であって、それは他でもなくITシステムが基盤であり重要なのである、ということなんです。

 今でこそ取引所は株式売買のいわばインフラなのだから「システムありき」だというのは疑いのないことなんですが、東証という会社自体も、この時まではシステム部門へ大きなリソースをかけていなかった。また、取引の場として利用いただく証券会社の皆さんの環境が急速に変わり始めていること、システムを最大限活用していることに追いついていなかった。そのことにようやく気付いたんですね。

 これを大きな反省点に、システム全体を把握する責任者としてのCIOを置くことになり、NTTデータ出身の鈴木義伯(よしのり)さん――現在は日本郵便のCIOをされていますが――を外部招聘したんです。もちろん私は当時、この立場になることは想定していませんが、鈴木CIOの直下で一緒に仕事をさせてもらったことで「CIOとは何ぞや」について学ぶことができました。

■CIOの役割は、安定的なシステム運用と改革への旗振り役

――ではまさにお聞きしますが「CIOとは何ぞや」と思われますか?

横山 ……と聞かれると、なかなか答えるのが難しいと思ってしまうんですが(笑)、東証の場合、CIOには大きな役割が2つあると思っています。ひとつはシステムをいかに安定的に運用するか。不測の事態が起きた際に、最小限の収拾ができるように準備しておくというリスク管理もこれに入ります。もう一つは変革にドライブをかける、改革の旗振り役であることです。

 システム運用の監督としては、品質の高いシステム開発、その安定的運用、リスクマネジメント、ベンダーとの役割分担オペレーションなど、それぞれの担当者とその業務に目配りをして全体を把握することが役割です。先ほど「株式売買のインフラ」と申し上げましたが、株式にしろデリバティブにしろ取引や決済を行うシステムは基本的に止まらない、あるいは止まってもすぐに回復する安定的なサービスでなければならない。安定的に稼働していなければならないという意味では、これは水道や電気、通信に極めて似たものと思っています。ですので、「いかに安定を保つか」がテーマと言ってもいいかもしれません。

――もう一つの役割として「変革」を挙げられました。

横山 これはDX(デジタルトランスフォーメーション)の旗振り役という意味以上に、来るべき大変革に対応するため我々は何を武器にできるか、何を用意すべきかを考えなければならないということです。

 日本取引所グループは何かに守られた安定的な組織ではありません。例えば、米国にしろ、EUにしろ多くの取引所が乱立しているように、日本にも取引所間の競争が進展する動きが起きても全くおかしくはないわけです。もっと言えば、私設取引システム(PTS)の存在であったり、あるいは上場会社がどの取引所を選ぶか、投資家がどこの市場で取引するか――そういった様々な観点で考えるともはや我々の組織はグローバルベースの競争に参入しているようなもの。ですから、仮想通貨やデジタル資産がどんなテクノロジーを挟んで取引されているか、ブロックチェーンやAI技術がどう使われているのかなどはきちんと研究しておいて、競争相手がどんどん新しいサービスを繰り広げてきても、自前の安定的なシステムの中で応用を効かせて対応できるようにしようと準備をしているんです。

――安定を保つことと、変革にドライブをかけること。守りつつ攻めるというか。

横山 鈴木CIOからはシステムに関するベーシックなところを学んだのですが、野村証券出身で産業再生機構から東証社長に招聘された斉藤惇社長の秘書を2年やっていたことがあるんです。斉藤さんは徹底した顧客志向の考えをお持ちで、そこから学んだことも大きいと思っています。CIOの役割には両輪あると考えているのは、こうした私の経験が反映しているのかもしれませんね。

■トラブルが起きることを前提に、危機への適応力を持つ

――最近ではみずほ銀行のATM障害が大きなニュースになりましたが、業種を問わず大規模システム障害は起こり続けます。エンドユーザーからすればシステムがなければサービスの快適さ、利便性は享受できない一方、システムがある限りトラブルに巻き込まれる可能性もある。こうした利便性と安全性をどんなバランスで両立させるか、お考えがあったりしますか?

横山 すごく難しい質問ですね……これにきちんと答えられたらスーパーCIOなんだろうと思うんですけど、私が今思い浮かべているのは「レジリエンス」という言葉です。危機的な状況、困難な状況に対する適応力を指す言葉です。

 弊社における昨年10月の大規模システム障害では、掲げていた「Never Stop」という言葉に対して「絶対に止まらないシステムという仮定をしていたからこそ、回復力という点で欠陥が出てしまったのではないか」とご批判も浴びました。確かに、システムというものは何かしらトラブルを起こす可能性がある。そう考え直し、「止まるかもしれない」という前提に立って、そうなった場合「いかに早く復旧させるか」に重きを置いてシステム全体を見直すことにしたんです。これはまさに危機を前提として、可能な限り危機に適応できる力を持つシステムを作ろうという設計思想です。ここで大切になってくるのが、システムの中のいろんな機能を接続させすぎない、ということです。全部を結びつけてしまった場合、どこかで障害が起きると全てに影響が起きてしまう。サービス全体が停止してしまいますよね。

――鉄道の各線が相互乗り入れし過ぎると、ある駅で起きた遅延が交通網全体に影響してしまうような。

横山 ええ、そうした密な結合を避けて、障害が最小限の範囲で済むような「疎結合」のシステム構築を前提にしています。そうすることで、サービスの利便性を改善していくこともできるし、一方で安全性を追求することもできるのではないかと考えています。

――先ほど「ベンダー任せにしない」という方針で、要件定義から社員も関わってシステム構築するとお伺いしました。となると、システム系を担う人材採用にも力を入れていると想像するのですが、どんな方針をお持ちなんでしょうか。

横山 システムの安定運用のためには、関連会社や元ベンダーの方、金融機関や証券会社のシステム部門にいた方の中途採用を随時行って入っていただいています。他方で、採用に力を入れなければならないのがDXに関わる人材です。これは他社のCIOの方々ともよく話題になるんですが、結局「デジタル人材」ってどんな人材なのか、と。

■「デジタル人材」は業務への理解も重要

――横山さんは「デジタル人材」についてどうお考えですか?

横山 デジタル人材とは、テクノロジーに親しんでいることは当然のことながら、やろうとしている新規サービス開発の目指すところ、その業務を理解しながら、競争に前向きにチャレンジしていく人材だと思っています。デジタル人材に求めるべきことは、技術をハンドルすることだけではありません。あくまでそこに業務への理解、モチベーションがなければならない。

 ですから採用する側は「とりあえずAIの人を」みたいな構えではミスマッチを生むと思っています。デジタル人材を採用するには、まずどんな企画にどんな才能が必要か、そこを明確にすることが大前提。要は、どんなサービスを開発したいのかを起点に考えなければならない。AIに強い人材を、あるいはデータ分析に長けた人材をバサッと採用して「じゃあサービス作って」と言っても、それは無理な話です。例えば新規プロジェクトでクラウドをゴリゴリに使い倒したいけどその人材が不足しているなら、AWSに精通した人を探して、チームに入ってもらうといった発想です。

――マネージャーにはデジタル人材のキャスティング能力が問われてきますね。

横山 そうですね、そしてデジタル人材のモチベーションを上げるためには、そのプロジェクトや製品は何を目指しているのか、そのコアコンピタンス、競争相手を圧倒するような価値とは一体何なのかをハッキリと示してあげる必要もあると思います。

――社内でデジタル人材を育てる試みはされているんですか?

横山 この4月から先端研究開発センターという機関を作りまして、我々自身のリソースの中でサービス構想とそのプロトタイプを作ってみようという取り組みを、ちょうど始めたところなんです。弊社は1000人規模の会社なのですが、そのうち200人から300人がシステム系に従事しています。また、東証システムサービスという子会社や、パートナーベンダーで常駐の方々もいらっしゃいます。そうした内部人材が手を動かしてチャレンジしてみながら、そのプロジェクトがうまく発展していけるようであれば、ここに外部人材を登用したいと、まずは目標を明確にして進めているところです。

■早稲田大学の落研出身。今も新作落語が好き

――あの、全然違う話をうかがいますが、大学では落研(落語研究会)だったんですよね。現在のお仕事につながっていることはありますか?

横山 いやあ、全然つながってないんじゃないですかね。まあ、ものすごくこじつけると、ああいった記者会見の場で物怖じしない、ということにつながるのかもしれませんが、やっぱりものすごいこじつけですよね(笑)。

――早稲田の落研ですから、落語研究でもおなじみの近世文学者、興津要教授が顧問だったと思うのですが……。

横山 直接お話しするようなことはなかったんですが、落語会のパンフレットに文章を寄せてもらうような関わりはありました。中学・高校の時には興津先生が監修した落語全集を愛読していましたから、ちょっと畏れ多いような存在でしたかね。

――(三遊亭)円丈師匠がお好きなんだとか。

横山 僕が高校の時に『花王名人劇場』でブレイクした一人が円丈師匠。「グリコ少年」「悲しみは埼玉に向けて」……大学時代は追っかけしてました。

――今は誰推しですか?

横山 (三遊亭)白鳥師匠が好きなんですよ。円丈師匠のお弟子さんの。この前、文春落語の配信で(柳家)喬太郎師匠が「牡丹灯籠」演った回、ゲストが白鳥師匠でしたよね。観ましたよ。面白かったなあ。

――円丈から白鳥へということは、相当新作落語がお好きなんですね。

横山 (柳家)さん喬・権太楼の古典も好きなんですが、やっぱり新作好きですね。まあ、私がCIOになっているなんていうのは、新作落語以上の奇想天外さだと思いますけどね。若かりし自分に、CIOやってるって話しかけたら絶対に驚くと思いますよ(笑)。

写真=末永裕樹/文藝春秋

(「文春オンライン」編集部)

関連記事(外部サイト)