「ゼロ円ならライセンス契約を結ぶ」「たいしたことない弁理士とののしる…」 中小企業のセルフレジ技術?利用”を巡るユニクロの?主張”

「ゼロ円ならライセンス契約を結ぶ」「たいしたことない弁理士とののしる…」 中小企業のセルフレジ技術?利用”を巡るユニクロの?主張”

アスタリスクの鈴木規之社長

 ユニクロやGUで、セルフレジを使用したことがある人は多いだろう。無人化された自動レジに商品を置くと、点数と合計金額が表示され、現金やカードで会計する仕組みだ。ユニクロやGUを展開するファーストリテイリングにとって、コストダウンと顧客満足度アップを推し進める切り札の一つである。

 この便利な技術を開発したのが、大阪に本社を置くIT企業のアスタリスクだ。いま、このアスタリスクとファーストリテイリングの間で、泥沼の争いが展開されている。セルフレジの技術について、ファーストリテイリングが2019年5月に「特許は無効だ」と審判を申し立てたのだ。2021年5月20日の知財高裁の判決で、アスタリスクの特許の有効性は認められたものの、ファーストリテイリングは最高裁に上告。闘争は続いている。

 ここから見えるのは、中小企業が苦労して手にした特許という“宝”を、資本力で勝る大企業が容赦なく強奪していく構図だ。アスタリスクの鈴木規之社長に聞いた。(全2回の1回目。 後編 を読む)

◆◆◆

アスタリスクとファーストリテイリングの争い

 大阪市淀川区に本社を置くIT関連企業アスタリスク。代表取締役社長の鈴木規之氏は言う。

「時間と手間をかけてようやく開発した技術を、なぜタダで譲り渡さなければならないんですか。それも、あたかもそうすることが納入業者として当然のことだ、という態度で迫られたら、そりゃ『腹を決めて闘おう』ということにもなりますよ」

 その言葉には「怒り」よりは「諦め」に近い感情が漂う。それは訴訟という争いに対する諦めではなく、価値観の違いから来る意思疎通の困難さに対しての諦めのようだ。

 アスタリスクとファーストリテイリングの争いを、時系列で見て行こう。

 元は東レのシステム系部門にいた鈴木氏は、2006年、高校時代のラグビー部の仲間と3人でアスタリスクを設立。「モノ認識」を中心とするIoT技術を生かしたシステム開発を業務の柱として業績を伸ばしていく。

 ファーストリテイリングとは2015年頃から、今回問題となっているセルフレジ以外の部分で取引が始まっていたが、当初からファーストリテイリングの対応は「渋いもの」だった。

「私自身が東レ出身なので、アパレル業界が価格交渉に厳しいことは理解していました。雑巾を絞れるだけ絞って、カラカラに干上がっているのにさらに絞り込んでくる世界です。ファーストリテイリングも例にもれず、コンペティターの値段を見せて、『これ以下でないと通せない』の一点張り。結局こちらは泣くだけ泣いて、最後にはほとんど利益が出ないような金額で決着することが多いんです」(鈴木氏、以下同)

 それでもアスタリスクにとって、企業規模の大きいファーストリテイリングとの取引が魅力であることは事実。大きな取引のチャンスを狙っていたところに、セルフレジのコンペの情報が舞い込む。

 じつはそれ以前から、アスタリスクは新しいタイプのセルフレジの開発に取り組んでいた。

■ファーストリテイリングのコンペに

 既存のセルフレジは、購入しようとする商品を読み取り装置と呼ばれる箱型のスペースに入れて、蓋をして計測する仕組みだった。蓋をしないと周囲にいる別の客が持っている商品のタグの情報を読み取ってしまう危険性があり、それを防ぐためには仕方のないこと、とされていたのだが、鈴木氏はそこに改善の余地を感じていた。

「蓋を閉めることなく計算ができれば、セルフレジの利便性とともに独自性が出せると思っていたんです。それで電波の吸収材や反射材について徹底的に研究をして、蓋のないセルフレジを開発。特許出願をした上で2017年5月に開催されたJapan IT Weekでお披露目しました」

 それから1年以上が過ぎた18年の夏、ファーストリテイリングで新型セルフレジのコンペがあるという情報が鈴木氏の耳に入る。鈴木氏らは自信をもって「蓋のないセルフレジ」をファーストリテイリングに見せると、先方のIT担当者の感触は良かったという。もちろんこの時、この技術が特許出願中であることもファーストリテイリング側には伝えている。

「コンペに参加したのはウチを入れて3社と聞いています。ファーストリテイリングさんの話を聞く限り、ウチの技術はその要望を叶えている。採用される自信はありました」

 しかしこの年の秋になって、アスタリスクのプレゼンは不採用となる。

「なんでやろ、という思いはありました。でも、その時点でファーストリテイリングさんへの不信感はなかった。不信感が湧いてきたのは翌年(2019年)に入ってからのこと。この年の1月15日に当社のセルフレジの技術の特許が認められ、そのことはファーストリテイリングさんの担当者にも伝えたのですが、その翌月からユニクロでウチが開発した技術を無断で使ったセルフレジの導入が始まったんです」

■「たいしたことない弁理士」と言われ…

 これを知ったアスタリスクはファーストリテイリングに話し合いを要請すると、ファーストリテイリングから呼びつけられる形で、月に一度のペースでその場が持たれるようになった。

「それまでの話し相手はIT担当の人たちで、友好的な対応でした。ところがこの時期から知的財産部門の担当者もあらわれて、だいぶ雰囲気が変わってきました。知財部門の担当者との最初の話し合いで、彼らは『ゼロ円ならライセンス契約を結びます』という、信じられない提案を突きつけてきたのです」

 人の作った技術を使いながらカネは払わない――という、にわかには信じられない発言に、鈴木氏は唖然とした。

「中小企業である私たちにとっては、いつでもお前らを潰すことができるんだから、おとなしく手を引け、と言われたも同然です。もちろんそんな話を飲むわけにはいきません。向こうの知財担当者が、こちらを小馬鹿にした態度だったことも疑問でした。当社の顧問弁理士に対しても『たいしたことない弁理士』だと言われました。当社の弁理士には、休日対応にも応じてもらい、真剣に特許を記載してきた経緯もあります。人生をかけてやっている苦労を真っ向から否定された気持ちでした。平行線のまま、話し合いを繰り返すだけの状態が続きました」

■「特許庁の仕事っていい加減で…」

 話し合いが始まってから4カ月が過ぎた2019年5月、ファーストリテイリングはアスタリスクの特許について「無効審判請求」を特許庁に出した。この技術が特許に値するものではない、と言い出したのだ。

「この時の向こうの知財担当者の発言はよく覚えています。『特許庁の仕事っていい加減で、外注に丸投げして適当な調査で特許を出している』という内容のことを口走っていた。あの高圧的な態度はなぜ生まれるのか不思議でした。

 一方で、今回の審決取消訴訟で問題になったアメリカの特許を見て『これはアメリカ展開するときには問題になるか調べておかないといけないな』と、知財担当者はネットで確認していました。そのとき、『これは大企業ですね。金ではどうにもならないから、注意しないと』とも発言していた。当社は小さいから金でどうにでもなる、と扱われているように感じました」

 日本知財標準事務所所長の齋藤拓也弁理士に話を聞いた。

「蓋を閉めなくても商品の価格を計算できるアスタリスクのセルフレジの特許は、消費者にとって便利で、従来技術に同様なものがなければ特許が認められるべき価値はあると思います。もちろん、このセルフレジを導入することで、人件費削減や顧客誘引など、どの程度プラスの価値が生じたかを金額に換算することは、簡単ではないでしょう。それでも、『ゼロ円ライセンス』というファーストリテイリング側の申し出は、アスタリスクの技術をあまりにも軽く見ていると感じます」

 アスタリスクは粘り強く交渉を続け、8月末までに回答を出してほしい、というところに漕ぎつけた。最終的にこの回答は9月20日にずれ込んだが、ファーストリテイリングも応じる姿勢を示した。

「我々が最終的に示したセルフレジの使用料は、1台あたり1日の使用料が、500円です。これも本来の希望額ではないのですが、それまでの向こうの対応から満額回答は無理だと思っていました。社内でも『1日100円くらいに叩かれるかもしれないが、まあ仕方ないか……』と、ある程度の覚悟はして臨んだのですが、ファーストリテイリング側の提示は9カ月前と同じゼロ回答でした。さすがに言葉も出ませんでした」

 これを受けてアスタリスクは同月24日、ファーストリテイリングを相手取り「特許権侵害行為差し止め」の仮処分を求めて東京地方裁判所に提訴する。

 世界有数の規模を誇る大企業を相手に、社員約100名のベンチャー企業が立ち上がった。

◆セルフレジの使用料についての記述に、一部事実誤認がありましたので、修正をいたしました。読者のみなさまにお詫び申し上げます。(2021.7.05? 09:30)

(取材・構成:長田昭二、撮影:山元茂樹/文藝春秋)

 【 続きを読む 《セルフレジ特許訴訟》「女房の貯金を崩して株主総会に行ったけれど…」ファーストリテイリングは 、なぜ裁判を長引かせるのか 】

《セルフレジ特許訴訟》「女房の貯金を崩して株主総会に行ったけれど…」ファーストリテイリングは、なぜ裁判を長引かせるのか へ続く

(長田 昭二)

関連記事(外部サイト)