熱狂を生んだあの“スニーカー黄金時代”…一世を風靡した「名作スニーカー」ランキング

熱狂を生んだあの“スニーカー黄金時代”…一世を風靡した「名作スニーカー」ランキング

©iStock.com

 毎年、数多くの新製品が生まれ、「定番」ともいえるモデルも愛され続けるスニーカー業界。それだけ多くの人に愛される市場だけに、「自分の思い出の一足」を持っている人も少なくないだろう。

「 日本懐かしスニーカー大全 」の著者であるライターの佐藤誠二朗氏に、時代を超える「名作スニーカー」をジャンル別ランキングにして選んでもらった。

◆◆◆

■1980年代に大ブレイクしたスニーカー文化

 1960年代までの日本では、大人がおしゃれをするときの足元は革靴やブーツが基本だった。アメリカのアイビーに触発されたみゆき族など、スポーツ用シューズをコーディネートに取り入れる文化も一部にはあったが、子どもじゃないのに「運動靴」や「ズック」を街で履くとは奇特なヤツ、と受け止められることが一般的だった。

 一方、アメリカでは1950年代のフィフティーズファッションやアイビーの流行を経て、60年代にはヒッピーやサーファーが増殖、若者のカジュアルなライフスタイルが成立していた。それゆえ、日常的にスニーカーが履かれるようになっていたのである。その風が日本に届くのは1970年代になってからだ。

 ファッションとしてのスニーカーを日本の若者に浸透させた立役者は、1976年に平凡出版(現・マガジンハウス)が創刊した雑誌『ポパイ』。当時のアメリカ西海岸の、スポーティでカジュアルなライフスタイルを至上のものとして紹介した同誌を読んで初めて、「運動靴」や「ズック」のことを“スニーカー”と呼ぶこと、そしてそれを街で履いてもいいのだと知った人も多かったのかもしれない。

 1980年代に入ると、スニーカーは世界的に大ブレイク。本来はバスケットボール、スケートボード、ランニング、テニスなどのために作られた最新モデルや過去の名作モデルに耳目が集まった。スニーカー市場はかつてないほどの盛り上がりを見せ、その熱気は1990年代まで続いた。その後は“スタンダード”になり、2021年の現在、スニーカースタイルは老若男女に当たり前のように受け入れられている。

 新しいモデルが登場するたびにスニーカーファンが色めき立ち、場合によっては熾烈な争奪戦まで繰り広げられていた1970年代から90年代。あの頃の人気モデルを、ジャンル別に振り返ってみよう。

■人気爆発のバスケットボール…NBAスタープレイヤーを気取れた“バスケシューズ”BEST4

4位:フィラ 96GL(1996年発売)

 1996年のアトランタ五輪でドリームチームの一員としても活躍した、NBAスタープレイヤー、グラント・ヒル。「96GL」はグラント・ヒル2足目のシグネチャーモデルとして登場したスニーカー。1996年の発売当初は「グラント・ヒルU」という名前だったが、契約終了後に現在のモデル名に改められた。1996年にアメリカ東西海岸ヒップホップ抗争の犠牲となり、25歳の若さで亡くなった伝説のラッパー、2パックもフィラ「96GL」の愛用者だった。

3位:ナイキ ダンク(1985年発売)

 1980年代中頃らしいバスケットボールシューズの特徴が詰め込まれた名作モデル。全米の有力大学のチームカラーに合わせ、さまざまな配色で発売されて話題を呼んだ。1990年代にはスケーターの間で支持されるようになり、スケートシューズとして復権。1998年に復刻版が発売されると、アメリカのステューシーやシュプリームから日本の裏原宿系ブランドまで、さまざまなブランドやショップとのコラボレーションバージョンが登場した。

2位:ナイキ エアフォース1(1982年発売)

 クッション性能の高い独自開発ソール“ナイキエア”を初搭載したモデル。当時の一般的なバスケットボールシューズはクッション性に乏しかったため靴下を重ね履きして対応していた選手は、このスニーカーの登場を大歓迎したという。プロアマ問わずに多くのバスケット選手から愛用されるとともに、ヒップホップシーンなどのストリートカルチャーからも受け入れられ、最新ファッションアイテムと認知されるようになった。

1位:ナイキ エアジョーダン1(1984年発売)

 これまでに登場したあらゆるスニーカーの中で、いまだにナンバーワンであると断言する人も多い、名作中の名作バスケットボールシューズ。学生時代から頭角を現し鳴り物入りでNBA入り、新人ながらすでに人気がヒートアップしていたマイケル・ジョーダンのシグネチャーモデル。当時としては高価格なスニーカーだったが、アメリカの販売店では発売日に長蛇の列ができるほど注目され、人気はすぐに日本にも飛び火した。

■人気ミュージシャンの足元に輝いていたあの一足。音楽好きが追いかけた“サブカル系スニーカー”BEST4

4位:ヴァンズ スケートハイ(1978年発売)

 ヴァンズは折からのスケーター人口増殖に伴い、1976年にスケートボード専門ライン“オフ・ザ・ウォール”を設立。「スケートハイ」はオフ・ザ・ウォールからリリースされた第3弾のスケートボード専用シューズ。足首の怪我を防ぐためハイカットにされるなど、スケートボードに適した仕様が随所に施されている。スイサイダル・テンデンシーズやサークル・ジャークスなどのバンドの必需品だったことから、パンクスにも愛されるモデルとなった。

3位:アディダス キャンパス(1983年発売)

 もともとは1970年代はじめに「トーナメント」という名で発表され、1983年に改称・再発売されたスニーカー。本来はバスケットボールシューズだが、80年代にカルト的人気を博したUSハードコアパンクバンドのバッド・ブレインズや、白人ヒップホップの草分け、ビースティ・ボーイズのメンバーが好んで履いたことから、パンクス、Bボーイ、そしてスケーターの間で流行した。現在も世界中のスニーカーファンに愛される超スタンダードモデル。

2位:アディダス スーパースター(1969年発売)

 当時の一般的なバスケットボールシューズとは一線を画すデザインの「スーパースター」が登場したのは1969年。つま先補強用ラバーパーツは貝殻のような形状から“シェルトウ”あるいは“シェルトップ”と呼ばれた。1970年代にはバスケ界に深く浸透し、1980年代にはストリートカルチャーに進出。ヒップホップシーンで人気が爆発し、特にランDMCが広めたシューレースを外して履くスタイルは、80年代を象徴するスタイルとして記憶されている。

1位:コンバース ジャックパーセル(1935年発売)

 当時の伝説的バドミントンプレイヤーの名前を冠した、1935年発売のコートシューズ。B.F.グッドリッチ社とコンバース社のシューズ部門が統合した1972年、コンバース社から「ジャックパーセル」を販売。以降、コンバースのクラシックスニーカーの大定番として親しまれ、90年代前半からのクラシックスニーカーブームを牽引したモデルとしても知られている。シンプルで洗練されたデザイン、笑った口のように見える“スマイル”や踵の三角マークの“ヒゲ”といった愛らしいアクセントも魅力。ニルヴァーナのカート・コバーンが愛用したことでも有名。

■90年代に勃発したハイスペック戦争。性能の高さと近未来的なデザインがたまらなかった“ハイテクスニーカー”BEST4

4位:ニューバランス M1400(1994年発売)

「M1300」に続く1000番台シリーズ第2段としての発売を目指したが、搭載技術があまりにもハイスペックだったため量産化不可能と判断され、一旦お蔵入りした曰く付きモデル。

 結局、1000番台第2段は1989年発売の「M1500」に譲り、日本企画で量産体制を整えたのちの1994年、満を持してリリースされた。極上のフィット感が抜群の履き心地を生み出すニューバランスらしい高品質スニーカーとして、マニアからも一目置かれる存在のロングセラーモデル。

3位:ニューバランス M990v2(1998年発売)

 オンロードランニング用の“900番台”シリーズ第1弾として1982年に発売された「M990v1」は、その性能の高さを「1000点満点中990点」という広告フレーズでアピール。高いデザイン性と機能性がランナーからもカジュアルユーザーからも高く評価された。「M990v2」は「M990v1」の発売から16年ぶりに全面改良した正統進化モデル。ハイテクスニーカー全盛期の1990年代に登場したため、ソール・アッパーともにハイテク系デザインにシフトチェンジされている。

2位:リーボック インスタポンプフューリー(1993年発売)

 1980年代後半、リーボックは画期的なシューズフィッティング機構を開発する。手押しポンプによって圧縮炭酸ガスを送り込み、個々人の足形に合わせてアッパーの一部をふくらます“ポンプテクノロジー”だ。機構をフル活用した「インスタポンプフューリー」(瞬時にフィット感を調整できるため“インスタポンプ”と命名された)は当時のハイテクスニーカーブームに乗り、日本のストリートファッションファンの間でも爆発的な人気となった。

1位:ナイキ エアマックスシリーズ(1987年〜)

 ナイキのエアマックスといえば、人気が過剰に高まって極端な品薄状態となり、“エアマックス狩り”という強奪事件まで起こるほど社会をザワつかせた、1995年発売の「エアマックス95」が有名だが、シリーズ第1弾は1987年に発売されている。ナイキが独自開発したエアクッションシステムを見えるようにデザインしたソールが画期的。他ブランドも巻き込むハイテクスニーカーブームに火をつけた、スニーカー史上に名を残す人気シリーズである。

■どんな服にも合わせやすく、ファッショントレンドが変わっても大丈夫!定番となった“不朽の名作スニーカー”BEST4

4位:パトリック アートイス(1978年発売)

 1980年代にパトリックが日本に初上陸したときから存在する、ブラックスエード使いとビビッドな二本線が強烈な印象の代表的モデル。フランスのブランドであるパトリックは、日本ではあまり目立つ存在ではなかったが、カラーや素材使いが独特でハイセンスな印象を漂わせるスニーカーとして通の間で話題になっていた。パトリックは1990年から日本での生産を開始。以降、フランス生まれ・日本クオリティのブランドとして根強い人気を保つ。

3位:ヴァンズ オーセンティック(1966年発売)

 新興のスポーツシューズブランドとして、カリフォルニアで1966年に創業したヴァンズのファーストモデル。発売当初は「#44」と呼ばれていた。ハンドメイドで丁寧に圧着されたバルカナイズド製法のデッキシューズで、発売当初はサーファーから、1970年代にはスケーターから厚く支持された。1990年代のクラシックスニーカーブームの折にもリバイバルヒット。誕生から半世紀以上にわたり、スタイルを選ばず世界中で愛されている名作モデル。

2位:プーマ クライド(1973年発売)

 1968年に汎用性の高いトレーニングシューズとして生まれた「スエード」のシグネチャーモデル。1973年当時のNBAで花形選手として活躍していたウォルト・クライド・フレイジャーに触発されたバスケットシューズである。ニューヨークのブレイクダンサーがこぞって出演した1983年公開の米映画『ワイルド・スタイル』では、ダンサーやグラフィティライターがファットシューレースでカスタムした「クライド」や「スエード」を履いて登場し、話題をさらった。

1位:ニューバランス M1300(1985年発売)

 ランニングシューズのフラッグシップラインにつけられる“1000番台”シリーズ第1号として、1985年に登場。発売時の現地価格は130ドル、日本円では当時のレートで3万9000円もした元祖・高級スニーカーである。

 誕生から30年以上経過した現在でも、数あるニューバランスのラインナップの中で “最高峰”との呼び声高く、リピート買いする根強いファンに支えられている。その圧倒的な履き心地は、「雲の上を歩いているよう」と評されている。

■時代の徒花? いま見ると逆に新鮮? 80年代〜90年代初頭の香りがもっとも色濃い、“超・懐かしスニーカー”BEST3

3位:エアウォーク ベロシティ(1991年発売)

 1990年代初頭、日本でもスケートボードやBMXなどのXスポーツがいよいよ本格的な流行期に入り、ストリートではスケートシューズが支持されるようになっていた。スケーターのニーズに応えるため1986年に創業したエアウォークが市場に送り出した「ベロシティ」は、沸騰するスケートボード人気に支えられ、世界中で熱狂とともに迎えられた。90年代初頭のスケーターシーンを象徴する名作スケートシューズとして知られている。

2位:プーマ スリップストリームスネーク(1988年発売)

 80年代当時の最新テクノロジーを惜しみなく投入したバスケットボールシューズ。アッパーの一部にヘビ革を模したフェイクスキンを施すなど意欲的なデザインだったが、日本では奇抜すぎると受け止められたうえに高価だったため、生産・流通中止の憂き目を見る。ところが並行輸入品に人気が集まり、プレミア価格で取引されるなど、後年になってブレイク。アッパーにフェイクファーを施した「ザ・ビースト」という兄弟モデルもあった。

1位:リーボック クラブC (1985年発売)

 1970年代後半に起こった世界的なテニスブームは、1980年代に入っても続いていた。“クラブチャンピオン”の略であるリーボックの「クラブC」は、一般の競技人口も増加していたテニス人気を背景に送り出されたテニス用シューズ。フィッティング感が高いレザーアッパーと、優れたグリップ性能のソールを搭載し、その端正なルックスと履き心地の良さから、テニスプレイヤーのみならずカジュアルユースとしても世界中で人気を集めた。

■スニーカーの魅力は…

 スニーカーというファッションアイテムの最大の魅力は、何だろうか。私は、古びないことだと思っている。100年前に開発されたモデルや過去のさまざまなストリートスタイルのシンボルになったモデルを現在の服にコーディネートしても、違和感が生じることはない。

 スニーカーの歴史に新たに加えられたブランニューモデルを追うのもいいが、過去のアーカイブに目を向け、定番モデルや復刻モデルの中から、自分の琴線に触れる一足を見つけるのも楽しいものなのだ。

(画像提供:辰巳出版『 日本懐かしスニーカー大全 』)

(佐藤 誠二朗)

関連記事(外部サイト)