「失敗してもサラリーマンだから安泰でしょ、と思われたら改革なんてできない」 前編集長が明かす「少年サンデー」が“大赤字予測”から“復活”できたワケ

「失敗してもサラリーマンだから安泰でしょ、と思われたら改革なんてできない」 前編集長が明かす「少年サンデー」が“大赤字予測”から“復活”できたワケ

市原武法さん

 小学館「週刊少年サンデー(以下、少年サンデー)」編集長を10月13日付で退任した市原武法氏。2015年の編集長就任時、「少年サンデー」は1959年の創刊期以来、初の赤字転落が見込まれていた。

 就任直後、市原氏は同誌の38号(2015年8月19日発売)に「読者の皆様へ」と題する宣言文を掲出。新人育成を絶対的な使命とする「サンデー改革」を表明した。そして退任にあたって自身のツイッターで「未曾有の危機にあった少年サンデーも6年3か月の在任中で劇的に業績改善し無事に次世代に引き継げたことを嬉しく思っています」とつぶやいた通り、「少年サンデー」は危機を脱する。内外に大きな反響を呼んだあの改革表明の真意は何だったのか。「少年サンデー」という老舗ブランドをいかにして立て直したのかをお聞きした。(全2回の1回目。 後編を読む )

■本当のことを言えば改革なんてしたくなかった

――市原さんが就任直後に出した宣言文は、読者からは「サンデーの緊急事態宣言」として受け取られました。

市原 「改革」という部分が大きく注目されてしまいましたが、ただやればいいというものでもありません。まず、本当に改革が必要かどうかを見極める必要がありますよね。動かなくていいときに動くリーダーは最悪です。リーダーのエゴで行われる改革ほど愚かなものはありませんから。

 そもそも編集長というのは、何かトラブルがあったときに責任を取ったり、作家さんと行き違いがあったときに現場を代表して話し合ったり、チーム全体の方針を決めたりするのが役割であって、みずから汗水垂らして最前線を走り回るなんてのは大変な非常事態です。本当のことを言えば、僕だって改革なんてしたくなかった。疲れるから(笑)。僕が編集長になった時点で「少年サンデー」は、改革せざるをえない状況だったんです。

――当時の状況をお教えください。

市原 創刊期以来の大赤字になるという予測がすでに出ていました。ただ、それは昨日今日に発生した問題ではありません。20年という長い時間をかけて「少年サンデー」は凋落していったんです。

 僕が入社して、「少年サンデー」編集部に配属されたのは1997年。「第3次黄金期」と呼ばれていた時代でした。『名探偵コナン』(青山剛昌)がはじまった頃ですね。ほかにも『犬夜叉』(高橋留美子)や『MAJOR』(満田拓也)などが連載されていました。

――大変多くのヒット作に恵まれた時代ですね。

市原 僕は編集者の仕事がどういうものか、まったく知らずにこの世界に入ってきて、「ここがお前の席だ」と案内されたときに「あだち充先生はどの席で描いてるんですか?」と尋ねたくらいです(笑)。ただ、1年も仕事をしていれば、編集部のアラが見えてきます。僕にとってはゲームなんですよ。スポーツと同じように、この少年漫画の世界にもルールが存在する。「真理」と言ってもいい。どうすればこのゲームに勝てるのか? 僕は人生を通じてずっとゲームの根幹を成すものに興味があり、そのキモを探すのが好きだったんですね。それで小学館の倉庫にいって、創刊号からバーッと目を通しました。温故知新という言葉が好きなんですけど、過去を知らなければ未来を見据えることもできないので。

■新人育成から遠ざかっていたら勝てない

――そこで市原さんが気づいた“キモ”とは?

市原 新人育成です。優秀な編集者を育成・配置して、「ここは魅力的だぞ」と思わせるチームを作って、そこに才能豊かな描き手が集まってくる。そうした描き手をきちんと育て、一人前の作家になってもらい、ヒット作を出す。このルーティンさえ破らなければ、このゲームは絶対に負けない。なのに「少年サンデー」編集部は新人育成から遠ざかっていこうとする。これじゃ勝てないよ、と。

――それが先ほど述べた“編集部のアラ”ですか?

市原 そうです。だから、すごい危機感を抱いていました。

――「少年サンデー」の場合、売上を支える大看板と、雑誌の“良心”ともいえる部分を担う作家が両方とも揃っていました。高橋留美子先生、あだち充先生、青山剛昌先生などなど。それでも「勝てない」と。

市原 はい。それだけ新人育成は大事です。恒久的に強力な漫画ブランドでいるためには正しい新陳代謝が不可欠だからです。だけど、入社2年目の若手の言うことなんか誰も聞いてくれません。実績がないから、どれだけ正しいことを言っても「そんなことより仕事しろよ」と言われてしまう。だから早く発言力を手に入れたかった。発言力というか、実力ですね。自分自身を鍛えていかなきゃいけない。そうしている間にも「少年サンデー」はどんどん凋落していく。本当にもどかしい時期でした。

 それでも入社6年目の28歳の頃には「少年サンデー」のエース編集者と呼ばれるようになり、上層部からは「新人育成のエキスパート」と認めていただけるようになりました。

■いちばんスパルタだった『MAJOR』満田拓也先生

――その編集術は、どのように学んだのですか?

市原 うーん……、がんばって考えた(笑)。とくに学ぶ手段があるワケじゃないので。

――それはつまり、編集部に新人編集を育成するノウハウが蓄積されていなかった、ということでしょうか?

市原 昔はきちんとありました。でもその頃には雲散霧消していましたね。僕の場合、担当した作家さんにしごかれました。

 いちばんスパルタだったのは満田拓也先生ですね(笑)。僕が担当した当時の満田先生は、『MAJOR』の人気が急上昇し始めた時期で、今まさに人生を切り開いてサクセスするかどうかの瀬戸際でした。打ち合わせはいつも真剣勝負。つねにヒリヒリしていました。公衆電話から打ち合わせしたときには、7時間かかったこともあります。途中、キオスクで1万円札を出してガムを買い、小銭に崩してもらったり……。いい意味でのヒリヒリ感に鍛えられましたね。

――日頃の仕事をしながら、オートマティズムで編集者を育成できるのが理想ですよね。

市原 それは本当に理想だし、そうじゃなければいけない。だけど、僕が28歳の頃の「少年サンデー」編集部には、そういった編集者育成の風土みたいなものが完全になくなっていた。それに、新人作家を育てる場も減っていきました。

■新人育成のための媒体

――新人作家の作品を載せる媒体がなくなった?

市原 そういうことです。それまでは月刊の増刊号(「週刊少年サンデーS」)が新人作家を育成する場として機能していたんですけど、それをやめることになった。だいたい編集長は3年の任期なので、増刊号を減らしてコストカットすれば、表面上の業績は上向くし、社内的には評価されて出世する。バカじゃねえの、って話ですよ。いったいどうやって新人作家を育てればいいんだ、と。それで僕は上層部と大喧嘩しました。そのときに「新人育成のための月刊誌」という企画書を檄文とともに会社に提出したんですよ。2002年のことですね。

 それがのちに「ゲッサン」につながります。まあ、そのときは30分で揉み潰されましたけど……。「お前はエースで新人育成をしなきゃいけない立場なのに、こんなことしてる場合か!」って。「いや、新人を育成してもどこに載せるんですか。載せる場所をどんどん潰していっているじゃないですか。月刊誌をつくらなかったらサンデーは終わりますよ」って言ったんですけどね。

■部数や売上だけでは好調かどうかなんてわからない

――2005年時点での「少年サンデー」は、それでも業績としては悪くなかったように記憶しています。

市原 数字(売上)としては表面上は好調でしたよ。なぜかというと『MAJOR』がアニメ化して、とんでもない利益を叩き出していたからです。

 ですが、そのとき編集部にいた僕からすれば、「少年サンデー」は2004年から2009年にかけての5年間で事実上壊滅しました。内部はもう、しっちゃかめっちゃか。新人作家を全く育てられない。そもそも新人作家の育成には、だいたい6〜7年はかかるものです。だから新人作家の育成は、その編集長の任期中には結果は出ないものなんです。かといって、そこに手を着けなければ、後世への負債は積み重なっていく。部数や売上を見ているだけでは、その雑誌が真の意味で好調かどうかなんて、本当にはわからないんですよ。

■2009年「ゲッサン」創刊

――「ゲッサン」が創刊されたのは2009年。創刊号の挨拶文は市原さんが書かれていました。

市原 そう(笑)。当時の僕は何の役付でもなかったので、最初は「編集長代理」という肩書で。実際の編集長業務は、最初から僕がやっていた。ようやく念願叶って、新人作家を育成する場がつくられました。

――「アフタヌーン四季賞」(※注:講談社「アフタヌーン」で年4回実施される新人賞。受賞作は別冊付録に収録された)みたいな新人作家を育成する場は、やっぱり必要ですよね。

市原 だから「ゲッサン」では同じことをやりました。「アフタヌーン」の編集長を務めた由利耕一さんは尊敬している先輩の一人です。ゲッサン創刊をとても喜んでくれて、いつも応援してくれました。

――創刊号の別冊付録に掲載された石井あゆみ先生(代表作『信長協奏曲』)の読切はものすごく印象に残っています。

市原 彼女はひとりで描くので、週刊連載のペースには合わなかったんですね。でも編集部に週刊誌しか媒体がなかったら、「週刊連載できないなら要りません」と、あれだけの才能を手放すことになってしまう。「少年サンデー」のブランド力を高めていくには、絶対に月刊誌が必要だったんです。

――その頃の「少年サンデー」本誌は……。

市原 上層部からは「お前は自分で作った自家用クルーザーで楽しく走り回ってるみたいだが、すぐ横で沈没していく戦艦大和をただながめているのがお前の男気なのか!?」とか怒鳴られましたけどね。いや、僕は「ゲッサン」の編集長なので、こっちが軌道に乗るまで動きませんよ、と。「帰ってこい」と言われても、戻る以上は編集長じゃなきゃ意味がない。

■「絶対に廃刊になる」と心配されながら「少年サンデー」編集長に

――そして2015年に「少年サンデー」編集長に就任します。

市原 それまでも横目でずっとサンデーを観察してはいましたけど、かつて僕が在籍していた当時よりもはるかに病状は悪化しており、僕が帰らなければ確実に廃刊するというのはわかっていました。懇意にしている作家さんたちは「絶対に廃刊になるから帰らないほうがいい」とか「潰れたときに編集長だとあなたの責任になる」とか「こんな大きな船が沈むのは漫画史上でも初だから大事件になる」なんて皆、心配してくれました。

 だけど、自分の中では(編集長就任の辞令を)受けないという選択肢はありませんでした。「少年サンデー」とあだち充が好きで選んだ職業ですから、そこに嘘をつくことになる。それに少年サンデー的にも僕がやってそれでも廃刊するならサンデーも本望だろうという思いはありました。それで編集長に就任することが決まってから、最初に主力作家さんたちに挨拶に伺い、これまで20年間の編集長たちの失政を謝罪して回りました。

――そうして出されたのが「読者の皆様へ」の宣言文だったんですね。

市原 すべての責任は自分ひとりにある。僕は編集長就任と同時に辞表を書き、それを写メに撮っていつでも見せられるようにしておきました。あの宣言文を出したら、ダメだったときには辞めるしかない。どうせ失敗してもサラリーマンなんだから安泰なんでしょ、と思われたら改革なんてできない。打ち切り=クビの作家さんたちと対等になるには、自分の退路を断つ必要があったんです。

 まあ、そういった僕の真意は、百戦錬磨の作家さんたちは見抜いていましたね。あだち充先生からは「もうお前がやるしかねえだろ」と言って送り出してもらえました。「お前が失敗したら少年サンデーはもう終わりだぞ」と。

■「サンデー改革」その1 編集者との面談

――市原さんの「サンデー改革」は、具体的にどういったところから着手されたのでしょうか?

市原 3つのポイントに絞って精査しました。まずは編集者。具体的には、編集部員全員と面談をしました。「どんな漫画を起こしたいか」とかは聞きませんでしたよ。「人生ナンバーワンの映画は?」とか「部活何やってたの」とか。向こうは「この人、なんでこんな合コンみたいなこと聞いてくるんだろう?」って思ってたかもしれませんけど(笑)。人間性を見たかったので、そういう質問をぶつけていったんです。そういった面談を繰り返し、使いものになる若者が何人いるのかを精査しました。事前に想像していたよりは多かったので、あまり絶望はしませんでしたね。

――宣言文には「少年サンデーの『漫画』に関わるすべての意思決定は編集長である僕がただ一人で行います。僕の独断と偏見と美意識がすべてです」とありました。

市原 それは独裁体制を築きたかったわけではなくて、彼らにはまだ無理だとわかっていたからです。能力がない。全然未熟。チャンスをもらう資格すらないのは君たちの恥だよ、と編集部員には言いました。ただ、編集者を育てるという伝統や風土が途切れてしまっていたので、彼らの責任じゃないんですけどね。

 だから毎週毎週漫画勉強会を開きました。それは編集技術を教える以前の段階であって、なぜ漫画編集者は必要なのか、漫画とは何か、物語とは何なのかを半年ほどかけて伝えていきました。これは新入社員が配属されるたびにやってました。5年目ぐらいまでは続けたかな? 大変でしたけど、そうすることで編集者はどうにかなる、と。勉強会は疲れるからもう二度とやりたくないですけど(笑)。

【続きを読む 「少年サンデー生え抜きで1作目からメガヒットは『今日から俺は!!』以来30年ぶり」 老舗漫画誌を改革した編集長が“就任時から17倍”のお金をかけたところ 】

「少年サンデー生え抜きで1作目からメガヒットは『今日から俺は!!』以来30年ぶり」 老舗漫画誌を改革した編集長が“就任時から17倍”のお金をかけたところ へ続く

(加山 竜司)

関連記事(外部サイト)