「大嫌いなのに黙々とこなしているだけ」仕事を楽しめない日本人が“多数派”でありつづける3つの理由

「大嫌いなのに黙々とこなしているだけ」仕事を楽しめない日本人が“多数派”でありつづける3つの理由

なぜ日本人は仕事を楽しめないのか? ©getty

 昨年10月、品川駅のコンコースに表示された「今日の仕事は楽しみですか」という広告が、SNSで「仕事が楽しいわけないだろ」「広告を見て傷ついた」といった批判を呼び、広告主が謝罪し広告を取り下げるという騒動がありました。

 この騒動に象徴されるように、日本人は仕事を楽しんでいません。各種の国際比較調査からも、日本人は「大嫌いな仕事を真面目に黙々とこなしている」ことが明らかになっています。

 そうした事実が有名になる一方で、「なぜ日本人は仕事を楽しんでいないのか?」という理由ははっきりしないのではないでしょうか。今回は、筆者の調査を踏まえて、この疑問について考えてみましょう。

■「仕事が楽しい」は少数派

 昨年の品川の件があってから、筆者はこの問題に関心を持ち、講師を担当する企業研修やセミナーなどの場で、受講者に仕事の楽しさについてヒアリングしてきました。

 242人(大半が20代後半から40代の会社員)に「仕事が楽しいですか?」と質問しました。実際には「楽しいこともあれば、楽しくないこともある」が多数派でしょうが、「楽しい」「楽しくない」のどちらかを選んでもらっています。回答は以下の通りでした。

<対象:242名の会社員>
 楽しい:87人(36%)
 楽しくない:155人(64%)

 やはり「仕事が楽しい」は少数派でした。なお、年齢・性別・企業規模による明確な差はありませんでした。職種では「楽しい」という回答は研究開発・企画部門で多く、営業・管理部門で少なかった印象です。

 代表的・特徴的なコメントを紹介しましょう。まず、少数派の「楽しい」という回答者から。

「子供の頃から図画工作の授業やプラモデル作りが好きで、いまのモノづくりの仕事を楽しんでいます。製品の企画・改良に取り組んでいると、あっという間に深夜になっているということがよくあります。好きなことをやっているので、徹夜になってもまったく苦になりません」(機械)

「新商品の企画を担当しています。まだ大きな成果を出せているわけではなく、苦労の連続ですが、新製品で消費者が喜び、世の中を変えることができると思うと、かなりワクワクします」(消費財)

「営業を12年やっています。最初はなかなか成果を出せず、お客さんのところに行くのが苦痛でした。しかし、良いお客さんと巡り合い、その後は成果を出せるようになり、営業の醍醐味がわかってきました。職場の仲間とも和気あいあいとやっていて、会社に行くのが楽しいです」(商社)

 このように、「仕事が楽しい」という回答者からは、仕事そのものの楽しさを指摘する意見がたくさん聞かれました。

■「苦痛です。早く会社を辞めたいです」

 一方、多数派の「楽しくない」という回答者は、以下のようにコメントしています。

「会社が業績悪化に対応して強引に人員削減をしており、残った我々にしわ寄せが来てます。先の見えない残業が続き、精神的にも体力的にも追い込まれています。この状態で仕事が楽しいわけありません」(電機)

「バックオフィスで営業をサポートしています。売上を増やすような前向きな業務はほとんどなく、営業のミスの尻拭いやお客様からのクレームへの対応といった敗戦処理ばかりで、苦痛です。早く会社を辞めたいです」(サービス)

「同じ時間に出社して、上司から指示される通りに決まりきった仕事をするだけ。職場の雰囲気も暗くて、滅入ります。良い給料をもらっているので文句は言えませんが、決して楽しくはありません」(金融)

「うちの部長は部下の好き嫌いが激しく、部長派と反部長派に色分けされ、部内の人間関係が荒んでいます。コロナでテレワークが増え、職場の人たちと顔を合わせる機会が減ったのは救いです」(精密)

 このように、「仕事が楽しくない」という回答者からは、仕事そのものだけでなく、職場環境に関する不満が聞かれました。他にも、評価の不公平感や低賃金を問題視する意見もありました。

 以上の回答をまとめると、次のように結論づけることができます。

「良い職場環境で、自分の好きな仕事や前向きな仕事をすれば楽しい」「悪い職場環境で、自分の嫌いな仕事や後ろ向きな仕事をやらされると楽しくない」

 ただ、この結論は、昔から経営学でよく言われていることで、おそらく諸外国でも事情は同じでしょう。「なぜ日本では仕事を楽しめない人が多いのか?」という疑問は、依然として残ります。

■日本人が仕事を楽しめない3つの理由

 諸外国と比べて日本人が仕事を楽しんでいないのには、3つの理由が考えられます。

 第1は、「職務のミスマッチ」です。日本特有の新卒一括採用では、企業は入社後の担当職務を明確に示さずに新人を採用し、採用後に本人の適性を見て配属先を決めます。このやり方だと、本人が希望する職務と実際に担当する職務のミスマッチが起こりやすくなります。

 また、日本の職場では、チームワークで仕事をすることや多能工として活動することが重視されています。どうしても、自分の好きな仕事に専念するのが難しくなります。

 第2は、「後ろ向きな仕事が多い」ことです。日本企業は、1990年代から続く事業の低迷を受けて、コスト削減、人員整理、事業再編・撤退といった敗戦処理的な対応を迫られました。事業が着実に成長・発展した1980年代までと違って、職場レベルでも後ろ向きな仕事の割合が高まっています。

 第3は、「職場環境の悪化」です。日本では、解雇や一時帰休が制限されており、企業は閑散期に余剰人員が発生しないように、事業運営に必要な人員数(要員)よりも少ない数を実配置します。

 そのため、職場ではほぼ常に人員不足で、長時間労働が常態化しています。さらに、近年の人員整理の影響で人員不足が深刻になり、職場に余裕がなくなっています。

 つまり元々、日本では自分の好きな仕事を担当できず、近年は後ろ向きの仕事が増え、職場環境が悪化している――。これが、仕事が楽しくない理由です。

■「仕事が楽しくない状況」は今後も続く?

 では、今後はどうなるでしょうか。

 2つ目の「後ろ向きな仕事が多いこと」と3つ目の「職場環境の悪化」は、近年の日本企業の国際競争力の低下によるところが大きく、簡単には改善しそうにありません。

 一方、1つ目のミスマッチは、日本でも広がりつつあるジョブ型雇用に転換することで、大いに改善すると期待されています。

 アメリカなど多くの国で一般的なジョブ型雇用では、企業はあらかじめ職務内容を明確に定めて人員を募集・採用します。したがって、ジョブ型雇用では、原理的に「入社後に、希望しない仕事を担当することになった」ということはありません。

 ただ、ジョブ型雇用になればミスマッチが解消されるかというと、注意が必要です。4年前にジョブ型雇用に転換した素材メーカーの人事部門責任者は、次のような2つのコメントをしています。

「ジョブ型にしたことで、職務の範囲が明確になりました。ただ、各部門の業務量のバランスがあり、基本的にはそれまでの職務を引き続き担当してもらっています。また、日本では、業績が悪化しても社員を解雇しないように、社内の配置転換で対応しています。ジョブ型と言っても、各社員が好きな仕事を担当できるようになったわけではありません」

「新卒の採用でも、できるだけ入社後の担当業務を明示し、本人の希望をかなえるようにしています。しかし、さすがに未経験・未知数の新人の希望を全面的に受け入れるわけにはいきません。新人のミスマッチは、依然として大きな問題です」

 将来、アメリカのように「中途採用主体で必要な人材を必要な時に必要な数だけ採用する」「担当する職務がなくなったら従業員を解雇できる」ようになったら、日本でもミスマッチはなくなります。しかし、新卒一括採用の慣行や解雇規制が残っている限り、ミスマッチは簡単にはなくなりません。

 こうしてみると、日本人の「仕事が楽しくない」という残念な状態は、今後も続くと予想されるのです。

(日沖 健)

関連記事(外部サイト)