「『儲かっているでしょ?』なんて言われますが…」TV番組でおなじみ“スーパーアキダイ”社長の“意外な実生活”

「『儲かっているでしょ?』なんて言われますが…」TV番組でおなじみ“スーパーアキダイ”社長の“意外な実生活”

「『儲かっているでしょ?』なんて言われますが…」TV番組でおなじみ“スーパーアキダイ”社長の“意外な実生活”の画像

 テレビ各局のリポーターがこぞって取材に押しかける東京・練馬区にある生鮮市場「スーパーアキダイ」。名物社長の秋葉弘道氏の姿をご存じの方も多いだろう。しかし、同氏が普段どのように生活し、仕事に取り組んでいるのかはあまり知られていない。

 わずか一代で従業員200人を抱える企業へと成長させた敏腕社長の意外な素顔とは。秋葉氏の著書『 いつか小さくても自分の店を持つことが夢だった スーパーアキダイ式経営術 』(扶桑社)の一部を抜粋し、紹介する。(全2回の1回目/ 後編 を読む)

◆◆◆

■青果は「モノがいいときほど安い」

 実は、青果はモノがいいときほど安い。

 なぜなら、生産地で青果の成育がよく、順調に出荷された結果、市場への供給量が増えて価格が低下するからであり、いわば産地から野菜や果物が無駄になることなく出荷された証とも言える。

 ただ、豊作で収穫があまりにいいと供給量が増える反面、需要が急に増えることはないので、値崩れしてしまう可能性も……。こうなると、生産者はもちろん、小売りをする僕ら八百屋も厳しい状況に陥ることになりますが、品質のいいモノが安くなることに変わりはないのです。

 これに対して、2021年のように、近年、夏の天候不順が多くなり、収穫量が減るのに加えて、作物の病害も広がり、市場への供給が急減することが珍しくありません。こういうときは当然、青果物の品質は悪くなるけれど、供給量が減少するので価格は高騰する。

 モノは悪いのにいという、一見矛盾した現象が起こりがちです。

 こうした負のスパイラルのような状況は、日頃から市場へ足を運び、仲卸会社の売り子さんと関係を築いていれば、価格の高騰を事前に察知できます。売り子さんになるべくいい産地の商品を卸してくれるようにお願いしたりして、十分な仕入れに努めますが、最悪の場合、生産者が出荷停止することもあります。それでも、お客さんに「天気が悪いから、モノが悪くても我慢して」などとは口が裂けても言えません。

 生鮮食品である青果物を扱う八百屋は、同じ条件で商売していることは一日たりとないと言っていいでしょう。では、天候の影響を受けにくい室内栽培の野菜なら、安定して仕入れができるかといえば、同じ室内で作っているのに品質のばらつきが大きいことはよくあるんです。

 たとえば、カイワレ大根や豆苗がよく売れるからといって出荷のサイクルを早めると、芽が3分の2しかないなんていうこともある。逆に売れていないときには、芽が伸びきっていて品質が悪かったりする。天候をはじめ、さまざまな要素に青果物の品質は左右されるのが常なんです。

■仕入れは一日1000万円!?

 市場で品物を見て回って、掘り出し物があれば仕入れ、前日に事前注文した商品を引き揚げて、午前8時過ぎには店に向かいます。

 仕入れる量は日によって違うけれど、少なくても一日700万円。多いときは1000万円になります。市場では商品を積んだウチのトラックが「まるで巨大な壁のようですね」なんて言われるくらい仕入れは多い。

 自分でも「こんなに買って大丈夫かなぁ……」と思う日もあるけれど、欲しい商品だけ仕入れていたら売り子さんとの関係を損なってしまうし、これもお付き合いだと思っています。何より、仕入れの量が不十分で早めに売り切れてしまうとお客さんに迷惑がかかるので、それだけは絶対に避けたい。

 そんな理由もあって、アキダイでは毎日かなりの量の野菜や果物を買い入れているのです。よく「儲かっているでしょ?」なんて言われますが、ウチは大量仕入れの薄利多売。

 市場への仕入れ代金の支払いは、ウチの場合は仕入れた3日後の「3日目払い」。支払い期限が長ければ支払いは楽かもしれませんが、長くなるほど安く仕入れることができなくなるので、青果信用組合にこのサイクルで代払いしています。だから、市場に行くときには、昔のように現金を持ち歩くことはなく、急な支払いの必要があるときは小切手を使います。

 余談ですが、日本の市場といえば、大量の品物を積んで細い通路を軽やかに走る「ターレー」を思い起こす人も多いでしょう。特に、豊洲に移転する前の東京中央卸売市場・築地市場は手狭だったので、ターレーが大活躍していました。アキダイも昔はターレーを所有していましたが、実は運転がなかなか難しく、転んでしまったことがあるほど。一時代を築いたターレーですが、現在の青果市場ではフォークリフトが主流になっています。

■お客さんのために、昼食抜きも当たり前!?

 アキダイは本店支店合わせて6店あり、1店舗につき2人程度、全店で12〜13人ほどで市場に仕入れた商品を引き取りに行きます。関町本店の場合、4tトラックを2往復するので、一日に8tほど仕入れている計算ですね。第1便が朝7時に店に到着。すぐに荷下ろしをして、第2便が着くのは開店時間10時の1時間ほど前の9時過ぎ。第1便の到着が7時と八百屋にしては決して早い時刻ではないのは、周囲が住宅街なので騒音などで迷惑をかけたくないからです。

 関町本店では、早朝6時に15人ほどのスタッフが出勤し、開店準備を始めます。第1便が到着したら、ジャガイモやキュウリなどは小分けして袋詰めしたり、カボチャを切ってラップで包んだり、バックヤードでの作業が続きます。アキダイに限らず、どの店でも一番忙しいのが仕入れのトラックが着いてから開店までの時間帯。

 店を開けると昼ご飯の買い物のお客さんが来店し、ひと息つくのは正午過ぎくらい。従業員にはシフトの順番で昼休憩をとってもらい、僕らも昼食の時間を迎えます。ただ、僕は手の空いたときに食べるので、お昼ご飯の時間は日によってまちまち。

 仕出しの弁当を週2回くらい利用しているんですが、お弁当なので食べている最中に用事が入っても、蓋を閉めて後で食べられるので重宝しています。バタバタしているときは昼食抜きということもある。でも、30年もお客さん商売をやってきたので、お客さんが第一というのが体に染みついちゃいました。

 空腹だから動けないということなどないし、仕事のときは体が勝手にそういうモードに入るみたいです。トイレも同様で、用を足したいなと思ったときに限って、急にお客さんが増えたりするものですが、不思議なもので我慢できちゃうんです。体には悪いかもしれないけれど、若い頃から店に立つと仕事が最優先という体になっている。面白いもので、閉店時間を過ぎ〆めの作業を終えて店を出た途端、お腹が減ったり、トイレに行きたくなったり……不思議なものですね。

 夕方になると晩御飯の買い物のお客さんで、店は再び忙しくなります。店頭はお客さんでごった返していますが、午後4時くらいから各支店が翌日の仕入れの伝票を送ってくるので、僕は事務所に戻り、伝票の数字をすべて確認しながら最終的な仕入れの品目と数量を決めます。全6店舗分なので、どうしても時間はかかってしまいます。おまけに最近、歳のせいで眼が弱くなったので、地味に苦労しています。

 仕入れが決まったら、発注した品目と数量が合っているかすべてチェックしてから、午後10時半までに市場にいるウチのスタッフにFAXを送ってようやく仕入れの作業が終わる。市場にいるスタッフはこのFAXを見て、市場に設けられたアキダイ専用のスペースに運ばれた大量の野菜や果物の支店ごとの仕分けを確認。トラックに積んでいき、満載になったら各支店に向かいます。早朝に市場からトラックの第1便が出発し、店で荷を下ろしたらすぐに市場に戻り、第2便の荷を積んでからまた店を目指すのです。

 もちろん、近年推し進められている働き方改革を受けて、アキダイでも従業員に対しては法定の労働時間内で仕事が切り上げられるよう調整しています。

 一方、僕の作業はいつも午後10時半に終わるわけではありません。市場が休みの土、日曜日の前の金曜日と、市場が開く月曜日は仕入れの量が多くなるので、深夜12時を回ることもしょっちゅうです。

 僕が仕入れの作業をしている時間帯に、関町本店の近隣の荻窪店、阿佐ヶ谷店などの店長が店を閉めてから本店に戻ってくるので、直接指示を出したりしています。仕事の指示は電話やメールでもできるけれど、やはり面と向かい合って話をしたいので、さほど時間がとれなかったとしても大事な時間だと思っています。

■カラオケでリフレッシュ! 十八番はB?z!?

 昔は、夜9時くらいに仕事を中断して、一度寝て、12時に起きてまた仕事をしていましたが、なまじ2、3時間寝てしまうと起きるのがつらくてスタイルを変えました。そんなに起きるのがつらいのなら、寝ないで小料理屋に行って飲み食いして、楽しい時間を過ごしてリフレッシュしたほうがいいじゃないですか。ただ、コロナ禍になってからはこのささやかな娯楽も封印しています。

 それ以前は、僕にとって大事なリフレッシュの手段はカラオケでした。実は、ウチの従業員の中に元プロのロックミュージシャンがいて、当然ですが、やっぱり歌が抜群に巧い。

 もともと僕も歌は大好きだし、好きなことは突き詰める性分なので、元プロに張り合うように練習したりもしました。ビートの効いたロックが好きで、十八番のB’zはスナックで歌うと評判も上々。完全にオヤジ丸出しですね。

 コロナ禍の前はこうして楽しく騒いでリフレッシュした後、12時くらいに事務所に戻って仕事を片付けて、深夜2時に寝るようにしていました。

 睡眠時間は平均して3、4時間。昼寝はしないし、仮に昼寝の時間ができたとしても、従業員や取引先、それに取材依頼でメディアの方からも電話やLINEが入るので、すぐに目が覚めてしまう。ただ、あまりに仕事漬けの毎日では、さすがに参ってしまうので、ここ数年は近所の天然温泉が僕の心と身体の最高のオアシスになっています。

【続きを読む】〈年間300本以上の取材に対応!?〉ニュース番組が「スーパーアキダイ」を取材し続ける“納得の理由”

年間300本以上の取材に対応!? 各局のニュース番組が「スーパーアキダイ」を取材し続ける“納得の理由” へ続く

(秋葉 弘道)

関連記事(外部サイト)