「丸の内にはこのクリニックが必要です」働く女性の健康を守るクリニック立ち上げのために直談判したところとは?

「丸の内にはこのクリニックが必要です」働く女性の健康を守るクリニック立ち上げのために直談判したところとは?

クリニック内は自然光が多く入るよう設計されている ©文藝春秋/撮影・鈴木七絵

「なぜそんなに贅沢な空間が必要なのか」男性社員からの声で明らかになった女性専用クリニックにおける男女間のギャップ から続く

 株式会社ファムメディコの佐々木彩華さん(37歳)は、2019年に「女性による女性のための人間ドックコンサルティング事業」を立ち上げ、2021年には東京・丸の内で働く女性たちのための専門クリニックである「クレアージュ東京 レディースドッククリニック」の開院に携わった。同院では、従来の男性サラリーマン向けの「健康診断」ではなく、女性がかかりやすい疾患に対する検査を充実させるなど、今までにない取り組みを数多く行っている。一介のサラリーマン研究員に過ぎなかった佐々木さんはなぜ、働く女性たちのためのクリニックを開設させるに至ったのだろうか。(全3回の3回目/ #1 、 #2 を読む) 

 佐々木さんらはしっかりとした手応えを感じていたが、社内が完全に“女性のためだけのクリニック”設立に向けて走りだしていたわけではなかった。クリニックにとっても最大の投資であるだけに、多大な投資をしてもらってもよいのか、とグループ内でも懸念の声があがった。

 コストもそうだが、そもそも女性医師やスタッフをどれほど集められるのかも懸念材料だった。そして、最大の懸念として、持ち上がったのが「場所の確保」の問題だった。

■理想の物件探し…しかし条件に叶ったものはまったく出てこず

 女性のためだけのクリニックは、子供を育てながらも働く世代が最大のターゲットであるから、利便性も考えて、丸の内や大手町などのビジネス街につくるのが理想的だ。駅近ならばさらに良い。

「従来の無機質な病院のイメージを覆すような内装を施したいので、広さは最低でも400坪は欲しい。そして、外を見渡せる大きめの窓にゆったりとした高さの天井……。それから患者さんが自由に出入りできる、オートロック方式ではないビルであることも重要だと考えました」(佐々木さん、以下同)

 しかし、まだコロナ禍前だった当時の都内の空室率は1%を切っていた。佐々木さんは複数の不動産会社を通じて理想の物件を探したが、条件に適ったものはまったく出てこない。

「このままじゃ、クリニックできないじゃん」

 考えあぐねた佐々木さんは、「丸の内にはこのクリニックが必要です」と、東京・丸の内の“大家”ともいうべき会社「三菱地所」に直談判することにしたのだという。

■“新たな丸の内”を作り出した伝道師を訪ねて

 かつて“三菱村”と呼ばれるほど三菱系の企業が集まった丸の内は、特に三菱重工に代表されるような重厚長大産業が蝟集し、平日はダークスーツのビジネスマンで溢れる一方、土日ともなれば閑散とし、無機質なビルが並ぶ“灰色の街”だった。

 ところが、2002年の丸ビル竣工から街の様子が変わり始めた。丸の内の顔ともいうべき仲通りは、緑に溢れ、トップブランドが立ち並び、土日にはビジネスマン以上に家族連れや観光客で賑わう街へとその表情を一変させた。

 佐々木さんが直談判にいった井上友美さん(三菱地所エリアマネジメント企画部マネージャー)は、まさにその変貌する丸の内を作り出した伝道師のような人物だった。

 井上さんが途中入社した2007年は、「丸ビル」と対をなす「新丸ビル」がオープンした年だ。「丸ビル」「新丸ビル」を中核にして丸の内を大胆に変える。そのプロジェクトに手を上げ、採用されたうちの1人が井上さんだったのである。

■JR有楽町駅に隣接するビルの17階フロアに

 佐々木さんは井上さんに「女性のためのクリニックを丸の内に作ることの必要性」を訴えた。丸の内を従前の姿から現在のにぎやかな街へと変化させてきた1人である井上さんにとっても、女性のためのクリニックは新たな魅力のように感じた。そして、井上さんは佐々木さんの訴えを「丸の内にこそ必要なもの」と引き取ったのだという。

 それから3カ月後、三菱地所が条件に合致する場所として見つけてきた物件が丸の内からほど近いJR有楽町駅に隣接する「有楽町電気ビル」北館の17階フロアだった。ロケーションにまったく問題はなく、佐々木さんらの条件に適うワンフロアーすべてを使える好物件だった。有楽町という立地ながら、窓の外に立ちはだかるビルはなく、一方の窓の外には皇居の緑も望めた。こうして、ようやく最大の懸念とされたクリニックの場所が決まったのだ。

「子育て世代の女性を守りたい」という女性社員の思いから始まった、女性の、女性による、女性だけの「クレアージュ東京 レディースドッククリニック」と命名されたクリニックがオープンしたのは、昨年3月のことだ。「クレアージュ東京」の誕生は、単なる女性専用クリニックの誕生ではない。丸の内で働く女性たち、そして日本の女性たちに新たな可能性をもたらすと佐々木さんは確信しているという。

■検査内容、充実コンセプトとも、理想通りの「クレアージュ東京」

「クレアージュ東京では、私たちがこれまで調査してきた中で、必要不可欠だと考えた経膣超音波(エコー)検査がすべてのプランで行われるように医師の指導のもと、実施しました。それにより、子宮頸がんだけではなく、子宮内膜症や子宮筋腫、卵巣嚢腫などの早期発見ができます。また、それだけでなく、女性に多い甲状腺疾患、膠原病、貧血なども幅広くカバーできるプランも用意しました。そして、『ここに来ればリラックスでき、身も心も解放される場所』というコンセプトの通り、受付はグレージュとピンク色の大理石風のデザイン、待合室は広々としたカフェのような作りにしました」

■「まるのうち保健室」プロジェクトの調査でわかったピルの活用法

 女性のためのクリニックを立ち上げるという目標は達成したが、佐々木さんの「活動」は今もなお続いている。実は佐々木さんが、最初に井上さんを訪ねたのも、三菱地所が2014年から働く女性のための「まるのうち保健室」プロジェクトを推進していたからだ。「まるのうち保健室」では、働く女性らが自らの健康を学び、キャリアや人生の選択肢を得るということを目的に、女性の健康リテラシーの向上をサポートしている。佐々木さんはこの活動に共感をし、昨年から同活動に参加している。

「『まるのうち保健室』のプロジェクトとして、『三菱地所』と、私が取締役を務める『ファムメディコ』、神奈川県立保健福祉大学が産学医連携して、丸の内エリアで働く女性たちの『健康実態』や『就労環境』などの疫学調査を行いました。その調査結果を今年3月『働く女性ウェルネス白書 2022』として発表したのですが、その中で新たに分かったことがありました。

 例えば『ピル』の服用についてですが、『ピル』服用は妊娠を避けるためというようなイメージが世間的にはあると思います。ところが、実際は、月経痛やPMSの緩和といったヘルスケアの目的で服用するケースが多くなっていることがわかりました。『まるのうち保健室』が2014年当時に行った調査では『生理をコントロールするためにピルを服用している』と答えたのは、わずか数%だったのですが、今年行った調査では15%と、全国平均の5倍以上の結果が出ました。(※参考 Contraceptive Use by Method 2019によると、2019年の日本のピル服用率は2.9%といわれています)

『ピル』を服用することで自ら生理をコントロールすることを是とするように女性の認識が変化してきているのです。2019年に経産省ヘルスケア産業課が調べた『健康経営における女性の健康の取り組みについて』では生理に伴うパフォーマンスの低下による労働損失はおよそ4911億円にものぼるとされます。ピルの使い方を正しく理解して服用すれば、女性がより働きやすい環境が作れるかもしれません」

■佐々木さんが「まだまだやりたいこと」

 佐々木さんにはまだまだやりたいことがたくさんあるという。

「クリニックの運営だけではなく、『子宮頸がん』の検診をすれば大丈夫という認識を是正する活動にも引き続き力を入れていきたいですね。『経膣超音波(エコー)検査』をしなければ、女性の多くが罹る『子宮筋腫』や『子宮内膜症』といった疾患は発見されづらいという事実を、改めて伝えていきたいです。“丸の内”で働く女性たちの意識、行動が変われば日本の女性も同じように変わるのではないかと思っています」

 佐々木さんはその信念の元、今日も奔走している。

(児玉 博/Webオリジナル(特集班))

関連記事(外部サイト)