さわかみ投信で最高投資責任者が“更迭” 創業者・澤上篤人氏が「5分の2くらい社員は辞めても構わない」

さわかみ投信の最高投資責任者が事実上の更迭に 創業者「俺の下で鍛え直ししている」

記事まとめ

  • さわかみ投信の最高投資責任者が臨時株主総会で事実上、更迭されていたと文春が報じた
  • 社長の澤上龍氏は「私が解任したわけではない。株主が決めたこと」とコメント
  • 創業者の澤上篤人氏は「ホールディングスに来て俺の下で鍛え直ししている」と語った

さわかみ投信で最高投資責任者が“更迭” 創業者・澤上篤人氏が「5分の2くらい社員は辞めても構わない」

さわかみ投信で最高投資責任者が“更迭” 創業者・澤上篤人氏が「5分の2くらい社員は辞めても構わない」

本社ビル

 日本初の独立系投信会社として知られる「さわかみ投信」(東京都千代田区)。同社の最高投資責任者が、6月30日の臨時株主総会で事実上、更迭されていたことが「 週刊文春 」の取材でわかった。創業者・澤上篤人元社長(75)らが取材に対し、退任を認めた。

 さわかみ投信を1996年に創業した澤上氏は“金融界のレジェンド”と呼ばれる人物だ。「さわかみファンド」一本の運用にこだわり、長期投資の重要性を唱えてきた。

 ただ、2011年に社長から会長に退くと、2013年に社長に就任したのが、息子の澤上龍氏(46)だった。

「龍氏は専門学校卒業後、飲食店勤務などを経て、2000年にさわかみ投信に入社しました。金融の知識は乏しかったものの、“御曹司”として出世を重ねていった。昨年6月には篤人氏が会長を退任し、龍氏が“一本立ち”を果たしたと見られました」(現役社員)

■会社の功労者を事実上“更迭”

 だが、6月30日の臨時株主総会で、取締役最高投資責任者の草刈貴弘氏が突如、退任し、親会社のさわかみホールディングスへ異動することが発表された。「事実上の更迭人事」(同前)とされる。

 草刈氏は2008年、さわかみ投信に入社。2015年に最高投資責任者に就き、社内では「約2000億円の運用資産を約3400億円に成長させた功労者」(同前)と言われてきた。社員からもこの人事に対し、反発の声が上がったという。

 にもかかわらず、なぜ、更迭されたのか。

 社長の澤上龍氏は次のように答えた。

――解任理由は?

「私が解任したわけではない。株主が決めたこと」

 株主とは、澤上篤人氏のこと。さわかみ投信の100%株主はさわかみホールディングス。同社の株式をほぼ100%保有するのが、篤人氏の財団だ。

■澤上篤人氏「俺の下で鍛え直ししているの」

 創業者の澤上篤人氏は以下のように答えた。

――草刈氏の解任の理由は。

「解任ではない。もともとうちは暑苦しい会社だったけれど、草刈はスマートになりかけていたからもとに戻そうと。泥臭さ、暑苦しさが薄れてきた。ホールディングスに来て俺の下で鍛え直ししているの。更迭ではない」

――社員には動揺が。

「色々言われるだろうけれど、5分の2くらい社員は辞めても構わない。それくらいさわかみ投信の原点は大事にしているから」

 8月3日(水)12時配信の「 週刊文春 電子版 」および8月4日(木)発売の「週刊文春」では、更迭されたもう1人の取締役の名前、全社員の定例会議で複数の女性社員が澤上龍社長に詰め寄った場面、最高投資責任者だった草刈氏の言葉についても報じている。また、「週刊文春 電子版」では、オリジナル記事として澤上龍社長と澤上篤人氏との詳細な一問一答を配信している。

(「週刊文春」編集部/週刊文春 2022年8月11日号)

関連記事(外部サイト)