「かつての年収は3億」元総会屋が抱く“三菱電機”株主総会への“違和感”「社長のサラリーマン化が招いた“不手際”とは?」

「かつての年収は3億」元総会屋が抱く“三菱電機”株主総会への“違和感”「社長のサラリーマン化が招いた“不手際”とは?」

三菱電機の定時株主総会て?発言する漆間啓社長のモニター画面 ©共同通信社

「お前の目玉をつぶしてやる。右と左のどちらからにしてほしいのか」“バブル末期”総会屋から大企業にかかってきた「恐怖の脅し電話の中身」 から続く

 企業に対して業績のさらなる向上や経営陣の刷新などを求める「アクティビスト」と呼ばれる投資家たちの活動が近年、大きくクローズアップされている。今年6月の株主総会集中シーズンでも、多くのアクティビストたちの株主提案が大きなニュースとして取り上げられた。

 その一方で、今年の株主総会集中シーズンを前に、三菱電機やSMBC日興証券、日野自動車といった有名企業の不祥事が続々と明らかになった。株主総会では社長らが謝罪を繰り返すシーンがみられた(全3回の3回目/ 1回目 、 2回目 を読む)。

◆◆◆

■2021年から次々と不正が明るみに出た三菱電機

「一連の品質不適切事案について、皆さまに多大なるご迷惑をおかけしていることを改めて深くお詫び申し上げます」

 今年6月29日に開催された三菱電機の株主総会の冒頭で、社長の漆間啓は深々と頭を下げた。

 漆間が謝罪せざるを得なかった不正は、2021年6月に長崎県の長崎製作所で鉄道車両向けの空調機器の検査で発覚したもので、当時の社長だった杉山武史と会長の柵山正樹が引責辞任した。しかし、検査不正は鉄道車両向け空調機器にとどまらず、同年7月には香川県の受配電システム製作所で製造した配電盤の検査不正が判明する。

 さらに今年4月には、兵庫県の系統変電システム製作所・赤穂工場で、原子力発電所などで使われる変圧器での検査不正も明るみになった。この不正は1982年ごろから始まり約40年間にわたっていた。ほかの不正も数十年にわたる。三菱電機はこれまでに3回にわたって内部の調査報告を発表しているが、これですべての膿を出し切れるかどうかは不明で、今後も新たな不正が判明する可能性はある。

 全盛期には約1000社の企業の株を所有し多くの株主総会を舞台に活動を続け、「バブル期などには企業から集めていたカネは年間で3億円を超えていた」と豪語する元総会屋はこう指摘する。

「30年、40年と検査不正が行われていたとなれば、トップである社長をはじめ経営陣は知っていたのだろう。社長が交代する際には、露骨な形では言わないが、申し送りがあったはず。ただ、自分が社長の在任期間中には世間にバレないようにしたいという気持ちは働く」

■昨年の株主総会終了後の夜に不正を公表

 さらに、長年にわたって検査不正が改まることがなかった理由や背景についても解説する。

「社長のサラリーマン化、小役人化だ。企業の社長の在任期間はだいたいどこでも4年から長くて6年ほど。何十年も社長の座に居座る人もいるが、これは特異な例。すると数年間の社長でいる際には不祥事のようなことは何も起きないでほしい、不祥事が内部で明らかになっても外部にはバレないでほしいと願うものだ」

 三菱電機は昨年の検査不正をめぐって、株主総会を明らかに軽視した悪質な行為を犯している。最初に公になった鉄道用の空調機器の検査不正が、社内の調査で分かったのは2021年6月14日だったが、その後、記者会見などで不正が行われていた事態を公表せず、同年6月29日に開催された株主総会でも説明しなかった。

 株主総会終了後の同日夜になって、ようやくマスコミ向けのプレスリリース(広報文)を出して、不正を公表する形となり、翌30日の新聞各紙で大体的に検査不正の報道が始まったのだ。

■97年の幹部逮捕で、総会屋業界と絶縁していた

 前出の元総会屋はこうした対応を厳しく批判する。

「本来は株主総会の場で社長が、『実は製品の検査で不正がありました。おわびします』と謝罪とともに事情説明をしなければならない。これが株主に対して誠意あるまともなやり方。株主総会で説明しないのはおかしい」

 こう批判したうえで、「不祥事については、後にマスコミに記者会見で説明するので、改まって説明する必要はないという考えだ」とも付け加えた。

 2021年6月の株主総会では説明がなかったため、昨年の不祥事発覚時に社長だった杉山の後任である漆間が1年後の今年の株主総会で謝罪と事情を説明することとなった。

 三菱電機をめぐっては1997年11月、「中本総合企画」というグループを率いていた総会屋の中本貞次に違法な資金提供をしていたとして、警視庁に商法(現・会社法)違反(利益供与)容疑で摘発され、幹部が逮捕された経緯がある。三菱電機はその後、総会屋業界と絶縁していた。

「年収は3億円」と語っていた前出の元総会屋も三菱グループを得意先としてきたが、事件後は交流を絶たれていた。今回の三菱電機の検査不正を含め、その後も企業社会をウオッチし続けてきた経験から批判を口にしたのだ。

■かつてなら社長らは株主総会で長時間にわたって吊し上げ

 別の元総会屋も、「三菱電機だけでなく多くの企業の不祥事などは、いずれも攻撃の対象になる。不祥事だけでなく、三菱電機の場合は株主総会で説明をせず隠蔽した。このような不手際も質問攻撃の格好の材料だ」と指摘する。

 かつての総会屋業界が盛んだった時代であれば、三菱電機だけでなく、不祥事を起こした企業の社長らは株主総会で長時間にわたってつるし上げられたはずだ。それを回避するには、カネで解決する裏取引を強いられたことだろう。

 長年、上場企業の株主総会の運営を担当してきた元総務担当者も、元総会屋と同様の考えを述べた。

「どこでも臭いものにフタをして知らぬふりをするということはある。経営陣は自分たちが在任中には不祥事や不正行為を隠蔽し、身の保全のために問題を先送りして後任に責任を押し付ける」

■廃業に追い込まれた山一証券に共通する隠蔽体質

 そのうえで、「かつての山一証券も同じように不祥事の先送りの末に破綻した」と同種の例を示した。

「山一証券」とは、かつて野村証券、大和証券、日興証券(当時)とともに「四大証券」の一角を占めていた、当時は誰もが知る大手証券会社だった。しかし、約2600億円もの巨額の簿外債務を隠し続けてきたことが、別件で総会屋の事件を家宅捜索していた東京地検特捜部によって明るみに出た。

 山一証券は1997年11月、自主廃業することを決定し、大蔵省(当時)に届け出る。その後、社長の野沢正平が記者会見し、テレビカメラを前に「私らが悪いんであって、社員は悪くありませんから」と絶叫。59歳の男が人目もはばからず号泣した様子は当時、国内だけでなく世界中のニュースで放送された。巨大証券会社が消滅し、約7500人の社員が路頭に迷うこととなる。野沢の号泣は、仕事を失う社員たちの先行きを案じてのことだった。

 多くの社長らはエリートコースである企画畑、管理畑を歩むのが通常だ。歴代の社長候補は簿外債務については極秘事項として情報を共有していたとみられるが、ドブ板活動で顧客に向き合う国内営業畑を歩んできた野沢は社長になるまでは簿外債務については知らされていなかった。

 三菱電機の検査不正は行政指導の対象となるだろうが、違法行為として刑事責任を追及されるまでの不正ではないため、会社の消滅にまでは至らないだろう。だが、同じ体質から醸成された不祥事であると言えそうだ。

■社長選任案に事実上の「ノー」

 今年の株主総会の特徴のひとつとして、企業トップの謝罪が相次いだが、三菱電機以外で明らかになった主な不祥事は以下である。

 ・1月 東レがプラスチック部品原料の樹脂製品安全性検査で不正と発表
 ・3月 日野自動車がエンジン型式検査で不正を発表
 ・3月 SMBC日興証券幹部らが相場操縦事件で逮捕
 ・5月 日本製鋼所が発電設備のタービンで約24年間の検査不正を発表
 ・7月 コスモ石油がガソリンや重油等の検査で30年近く不正と発表

 今年の株主総会のさらなる特徴として挙げられるのは、不祥事が明らかになった企業では社長選任案に事実上の「ノー」を突き付ける議決が相次いだことだ。

 東レでは社長の日覚昭広の取締役選任案の賛成比率が約64%にとどまった。日野自動車では社長の小木曽聡は約67%。三菱電機では社長の漆間の賛成比率は6割を切って約58%となった。いずれも前年の株主総会では90%前後の賛成比率だったため、解任要求と言えなくもない結果だった。

■「社長失格の烙印を押されたようなもの」

 年間3億のカネを集めていたという前出の元総会屋がこの点について持論を述べる。

「社長選任の賛成が6割というのは、社長失格の烙印を押されたようなものだ。多数決で決まるのはその通りだが、過半数を取ればよいということではない。反対した残り4割の人たちが何を考えているか、経営陣は分かっているのかとなる。会社側は『反対する株主の意見を大切にします』『対処を考え、努力します』などと答えるが、その程度の答えで反対の株主が納得するか」

 そのうえで、「過半数だから議決は通るが、社長の能力が不安だから40%の反対がある。社員向けの話だったらこれでよいが、株主への答えになっていない。社長でなくともこの程度の話は出来る。社長としての言葉で説明してほしいと株主は要求しているのに、説得力がない」とも言及した。

 社長選任案が事実上解任と言われかねない6割前後の議決となっても、それでも経営を任せてほしいというのであれば説得力ある言葉が必要だ。不祥事が発覚するなどの危機的な状況にある時こそ、そうした言葉を発信できるリーダーシップが求められている。(文中敬称略、一部の肩書は当時)

(尾島 正洋/Webオリジナル(特集班))

関連記事(外部サイト)