〈写真多数〉ビール1杯2000円、卵サンド1500円…アメリカ旅行中のミュージシャンが直面した「物価狂乱」のリアル

〈写真多数〉ビール1杯2000円、卵サンド1500円…アメリカ旅行中のミュージシャンが直面した「物価狂乱」のリアル

ビール1杯2000円……。今、アメリカの物価はどうなっているのか? ©iStock.com

 世界的な物価高騰が止まらない。アメリカの球場では、ホットドッグとビールを買うだけで3000円の出費になることも。

 ロックバンド・SCOOBIE DOのドラマーながら試合実況・解説を担当するほどのメジャーリーグ通として知られるオカモト“MOBY”タクヤさんも、アメリカの激しい物価高騰を体験した1人。

 今年8月、取材のため渡米したばかりのMOBYさんに「現地の様子」や「日本との価格差」についてレポートしてもらった。(全2回の1回目/ 後編 を読む)

◆◆◆

■わずか3年で飛行機代は2倍超に

 2022年8月5日~14日にかけて、MLB取材のためアメリカに渡ることに。まず3年ぶりの渡米で驚いたのは「飛行機の価格」でした。

 2019年8月に渡米した際の成田~シカゴの往復チケットが16万5000円ほどだったのに対し、狙いを定めた8月上旬のチケットは直行便とはいえ40万円前後。便が少なくなり、機内も満席にできない状況にあるとはいえ、いくらなんでも高すぎる……。

 今回はこれまで貯めに貯めたマイルでチケットをまかなうことに。しかし以前なら5万マイルで日米を往復できたのに、現在は片道のエコノミーですら8万マイル必要な便も出てくるなど、マイルも高騰している様子。結局、なんとか通常の必要マイルに手数料+燃油代=往復で9万5000円ほどの追加料金を支払うことになりました。

■ビールとホットドッグが●●●●円!?

「とにかく物価が高いから、マジで気をつけて」――アメリカ在住の友人からそんなアドバイスを受け、覚悟して訪れたのですが、どこも想像の遥か上をいく価格設定で正直ひっくり返りそうになりました。

 取材初日に訪れたのは、カリフォルニア州ロサンゼルスにあるドジャー・スタジアム。ドジャースのチームカラーとシンクロする日暮れ前の青い空がどこまでも続きます。

 そんな気持ちのいい空のもと、ホットドッグとビールでも食べながら、3年ぶりの野球観戦と洒落込むぜ!とまずは売店を訪れたところ、いきなり物価高騰に驚かされます。

 日本のロング缶より少し大きめの24オンス(710ml)のメキシコ系ビールがどれも15ドル近く。当時のレートが1ドル=138円だったので、なんと1杯2070円! さらに名物「ドジャードッグ」は7ドル(970円)なので、しめて約3000円。日本なら半額で食べられるのに。初日からかなり重いカウンターパンチをくらったかのような心持ちになりました。

 さて、ビールだけでは飽きるのでいくつか売店を探してみたところ、おお! おもいっきり「JINRO」と書いてある韓国系の売店が!!

 これはチャミスル(韓国焼酎)もあるかな?と覗いてみると、日本でもよく見かけるマスカット味の瓶を発見。ドジャー・スタジアムで焼酎を飲むなんて想像の斜め上。なんかイカすよね〜と価格を見たところ、こちらもビールと同じく15ドル……。

 日本では300円程度で買えるチャミスルですが、話のネタにするなら飲まなきゃと即購入。お店のお姉さんに注文すると、瓶から氷入りのコップにドボドボと注いで、「はいどうぞ」と渡してくれます。ロックで飲むスタイルでした。

 時差ボケが待ち構えるボクにとっては好都合。試合終了後、ホテルに戻ってすぐ入眠できたことも付け加えておきます。

■サンドイッチの価格は「日本の5倍」

 2日目は朝4時に起床。8時発の飛行機で5時間半かけて一気にロサンゼルスからニューヨークへ向かいます。我ながら無茶な行程を組んだわけですが、その一番の理由も「価格」でした。

 一度ホテルにチェックインして開始までにゆっくりと休憩、身支度できる試合もいくつかありました。しかし、どれも大都市開催でないせいか便が少なく、チケット代は5万円超えのものばかり。観戦できて、かつチケット代が3万円以下で収まるのが、便の多いニューヨーク行きだったわけです。コロナによる減便の影響は、アメリカの国内線の価格高騰にもつながっていました。

 価格高騰の波は航空便だけでなく、食料雑貨にも及びます。ニューヨークに飛ぶ前にロサンゼルス空港で朝食を済ませようと搭乗ゲート近くの売店を覗いてみると、今回の旅行で最も「日米の価格差」を感じるものに出会いました。

 サンドイッチでも買って軽く済ませるかと売店の棚を見回すと、そこにあった卵サンドの価格がなんと11ドル。

 日本のコンビニでは300円でお釣りがくるようなものが、空港のゲート内の売店とはいえ、まさか1500円超えの値段がついているなんて……。

 ペットボトルのダイエットコークや水も3.5〜4ドルほど(480〜550円近く)。こちらも日本との価格差に驚くばかり。空港ではマイボトルを小脇に抱え、水飲み場で水を汲んでいる人々を少なからず目にしました。

 そして空港内で食べている人を特に見かけたのが、1本2ドルのバナナ。日本だと1本100円くらいなので割高な感じもしますが、何もかもが高い空港では、きっと安くてお腹を満たせる食べ物なのでしょう。現在の物価高騰は、ボクのような外国人だけでなく現地の人々にも大きく影響していると実感しました。

■3200円の夕食も安く感じてしまう?

 16時30分にニューヨークのJFK空港に到着後、ブレーブスVSメッツの試合が行われるシティ・フィールド近隣のホテルにチェックイン。試合開始が19時過ぎというタイトなスケジュールかつ、ひとりで初めてのメディアパス受け取り、入場手続きなど、何もかも“はじめてのおつかい”状態でしたが、何とかやりきりホテルに戻って就寝することに。

 今回ニューヨークを訪れたにもかかわらず、マンハッタンにもブルックリンにも行けず、訪れたのはクイーンズのみ。かなりトホホな行程を組んだ自分を少し恨みつつも、翌朝は5時半に起きてラガーディア空港へ。

 3日目の取材日に向かったのは、初めて訪れる街・セントルイスです。ホテルに荷物を預け、ブッシュ・スタジアムでヤンキースVSカージナルスという少々レアなゲームを観戦したあと、またホテルに戻って一休みしました。

 晩飯でも食べに行こうと18時30分頃にふたたび街に繰り出すと、日曜日のせいか30分近く歩いても開いている店はごくわずか。何とかして見つけたメキシコ料理屋でブリトープレートとビール1本を頼むことに。チップ込みで23ドル(3200円)でした。

 日本人の感覚からすれば割高に思えるかもしれませんが、取材初日に15ドルのビール、2日目に11ドルの卵サンドの洗礼を受けた身からすると、なぜか良心的な価格だと思ってしまいます。

 20時10分。ホテルへ帰る前に、ビールを買おうとするも、目をつけていたスーパーはすでに閉店……。どうやら日曜は20時までだったようです。ふたたび街を右往左往するも、コンビニやそれらしき店は皆無。あきらめてホテルのロビーで販売していたダイエットコークとスタバの瓶入りフラペチーノを購入。合計8ドル(1100円)。結局、ビールは買えずじまいでした。

 今回のアメリカで物価高騰とともに思い知ったのは、「見つけたら 迷わず買えよ 食料品」ということ。とりわけセントルイスには店がなかった……。

■MOBYさんがドラムを務めるSCOOBIE DOニューアルバム発売!

SCOOBIE DO
15th Album『Tough Layer』
2022年8月24日(水)発売
VICL-65726 ¥3,300(税込)

 

「6人部屋のドミトリーが1泊102ドル!?」「前は39ドルだったのに…」アメリカ取材旅行で痛感した“宿泊費の高騰ぶり” へ続く

(オカモト"MOBY"タクヤ)

関連記事(外部サイト)

  • 記事にコメントを書いてみませんか?