《“ギャラ飲み”最前線》国税の目が光ってアプリを捨てた“港区女子”が“主戦場”を「地下」に変えたワケ「何ならカップサイズで女の子を選べますよ」

《“ギャラ飲み”最前線》国税の目が光ってアプリを捨てた“港区女子”が“主戦場”を「地下」に変えたワケ「何ならカップサイズで女の子を選べますよ」

ギャラ飲みアプリ「パト」ホームページ

「国税の調査後、ギャラ飲みアプリで稼ぎまくってた女の子は減りましたね。続けていても、税金を納める分手取りが減って、やむなくパパ活と両立する子が増えました。男性の利用者としても、そもそも女の子の質が下がったり、暴露系YouTuberが増えたりで、立場のある人が使いづらい状況になりました。なかには香川照之氏の“暴行”ニュースで『店で飲みたくない』と敬遠し始めた金持ちもいます」(港区の飲食店関係者)

■クオリティが低下した「ギャラ飲み」

 男性が一定額のお金を払い、指定した店に派遣されてくる女性と飲食を共にする「ギャラ飲み」。コロナ禍でキャバクラやラウンジといった夜の社交場を失った高収入男性たちが、自粛下でもできる遊びとして一時、急速に人気が高まった。

「港区を中心に大流行したギャラ飲みは『男も女も金持ちが集まる』ことで有名になったんですが、そのせいで今は男女とも有象無象の人だらけになった印象です。国税の調査が入ったことで稼ぎにならないと敬遠する女の子もいますし、飲みの場で窃盗事件も頻発していると聞きます。以前のように港区女子の華やかなお小遣い稼ぎというイメージは崩壊して、クオリティは確実に下がってしまいましたね」(港区の飲食業界関係者)

■「パト」運営会社の調査で相次いで発覚した“税金の申告漏れ”

「港区女子」と「ギャラ飲み」のアツい化学反応は今や見る影もない。衰退のきっかけは今年2月のこと。ギャラ飲みを仲介する最大手アプリ「パト」の運営会社を東京国税局が調査し、「キャスト」と呼ばれる女性登録者の間で税金の申告漏れが相次いでいることが明るみに出た。

 なかには1千万円を超える税金の支払いを迫られた大物“ギャラ飲み女子”の存在も報じられたが、調査から半年がたった今、ギャラ飲み女子たちはどうなっているのか。パトの現役女性キャストが話す。

「コロナ禍で始めたんですが、そのうち国税から電話もかかってきたので急いで税理士を探しました。実際そこまで稼いだわけでもないですし、うまく経費処理をしてもらったので、罰金込みで数十万円の納税で済みましたが……」

 お手軽なお小遣い稼ぎという旨味はもはやないという。

「コロナでキャバクラやラウンジが閉まってからギャラ飲みに流れてきた子も多く、たまたま今回は調査の対象にならなかったパターンも多いと思いますよ。特に簡単なバイト感覚でいる女子大生なんかは知識がなく、税金のことを考えずに稼いだ分をそのまま散財している子もたくさんいるみたいなので、注意しないといけませんよね」(同前)

■事件化はしていないが窃盗も…大衆化するギャラ飲み“質”の低下を嘆く声

 もとは芸能関係者などの間でクローズドに行われていたギャラ飲みだが、アプリができたことで知名度が急上昇。「簡単に稼げる」と昼職を辞めて、ギャラ飲みに一本化する女性キャストもいるほどの人気となった。だが、国税の調査が大々的に報じられた影響で人気に陰りも生まれ、最近はキャストの“質”の低下を嘆く声もある。現役キャストが続ける。

「今年5月には客の財布から女性が金を抜く場面をとらえた防犯カメラの映像がツイッターでバズりましたし、客側が女の子の金を盗むケースもあると聞きます。事件化はしていませんが、男も女も顔と名前を晒され、『●万円盗まれた』『こいつは気を付けろ』と被害報告を共有する300人ぐらいのLINEグループもできました。金払いのよかったマスコミや芸能関係者は暴露系YouTuberを警戒しているのか、めっきり減った印象です。一方、ギャラ飲み自体の知名度が上がったからか、一般人も増えました。そういえば、お坊さんと飲んだこともありますよ(笑)」 

■トップクラスのギャラ飲み女子たちは今

 悪貨は良貨を駆逐する。大衆化するギャラ飲みの現場を避ける“上質”な客はどこへ消えたのか。クローズドな人脈に回帰していると証言するのは、港区の飲食店関係者だ。

「ギャラ飲みができる個室のバーなら、仲が良い店員に頼めば女の子を呼んでくれます。色々な飲食店の店員が入っているLINEグループに女の子が何百人も登録していて、そこに客の要望を投げて都合がつく子がいれば当日でも呼べます。相場は女性1人あたり、2時間で2万円弱ぐらいですね。アプリだとランクによりけりで30分1万円のVIPの子もざらにいますが、結局、店側で用意した方がリーズナブルです。プロフィールもわかっているのでアプリと同様に年齢や職業、写真でも選べます。なんならカップ数でも選べますよ(笑)」

 こうしたクローズドサークルへの回帰に拍車をかけているのは、ギャラ飲みアプリのクオリティ低下だけが理由ではない。国税の摘発からさかのぼること数カ月前にあった“事件”の影響も少なくないという。飲食店関係者が続ける。

「昨年アプリのギャラ飲みのキャストのなかに私服の女性警官が紛れ込み、違法薬物を吸い始めた男性客を逮捕したという話が関係者の間で出回りました。それならアプリを使うよりも、信頼できる行きつけのバーの店員などに女の子を呼んでもらう方がマシだと客側が考え、クローズドなギャラ飲みを呼ぶ人が増えた印象です。ちなみに、アプリで稼いでいたトップクラスのギャラ飲み女子たちも今はクローズドなほうが主戦場じゃないかな。私たちを通せば報酬は現金払いにできますし、いくらか税金対策にもなる。メリットがたくさんある分、アプリのギャラ飲みに比べて質は上がっていると思います」

■アプリを通さないことで不安もある

 規制が厳しくなる、客もキャストの質も下がる。かつての盛り上がりはもう望めそうにないアプリを介したギャラ飲みだが、ある港区女子は言う。

「アプリを通さないと客や店側から本当にお金がもらえるのかわからず、心配なんですよね。金の徴収もそうですが、時間もズルズル引き延ばされたら嫌ですし……。アプリは自分のスマホでタイマーを管理できるので、少し時間をオーバーしても30分単位でしっかり金が入ります。客は事前にクレジットカードを登録して引き落としなので、泣き寝入りもありません」

 “有象無象”が増え、治安が悪化していることへの懸念はないのか。

「テキーラをボトルで飲ませるヤバい客もいますが、運営に通報すればバンできます。ただ、その客が友達の携帯で登録して呼び、店に入ったらバンされたヤツがいたこともあったので、完全に出禁にするのは難しいですが……(笑)。ヤバい客の情報は女の子間でも共有していますし、気づいていなかったらトイレに行った時に『あいつヤバいよ』と教えてあげています。適当に理由つけて帰るのもこちらの自由なので、そういう客がいたら帰ります。文句を言われたことはないですね」(同前)

 徐々にコロナへの警戒も薄れ、街に人足も戻り始めたなか、港区女子の稼ぎは今後どうなっていくのだろうか。

(「文春オンライン」特集班/Webオリジナル(特集班))

関連記事(外部サイト)

  • 1

    相変わらず、人間性の堕落と知性の貧困地獄を煽るような絶望的な表現。 図々しいよね。 ほんと。

すべてのコメントを読む