マスク着用、外出自粛…資生堂・魚谷雅彦社長が語る「新しい日常で求められる『美』とは?」

マスク着用、外出自粛…資生堂・魚谷雅彦社長が語る「新しい日常で求められる『美』とは?」

魚谷雅彦氏(資生堂社長兼CEO) ©文藝春秋

 日本列島で猛威を振るう新型コロナウイルスは、あらゆる業種に大きなダメージを与えている。

 化粧品業界も例外ではない。外出自粛によるライフスタイルの変化、緊急事態宣言下での百貨店の休業、インバウンド(訪日外国人観光客)需要の減少などにより、業績は大きく落ち込んだ。

 業界最大手の資生堂もその影響は免れず、5月12日に発表した2020年1〜3月期の連結決算は、純利益が前年同期比で96%減の14億円となり、発表済みの20年12月期通期の業績見通しを取り下げることとなった。

■“マスク着用の生活”の影響は?

 さらに、新型コロナは日本人の「美」に対する意識までもを変えようとしている。

「文藝春秋」8月号では、2014年から同社の社長兼CEOを務める魚谷雅彦氏(66)のインタビューを掲載しているが、魚谷氏自身、ここ数か月、コロナ禍での「美」については考えさせられることが多かったという。

「街中にマスク姿の人々が溢れ出した頃から、弊社の美容部員に、生活者の方々から相談や問い合わせが多く寄せられるようになったと聞いています。『マスクを着用する時のアイメイク、眉のメイクはどのようにすればいいですか』、『マスクで肌荒れしてしまったが、どうすれば治るでしょうか』といったものです」

 それでは今後、生活者の「美」に対する価値観はどのように変化するのだろうか。

■日本人が追い求める「健康美」

「そもそも、日本人が思う『美』とは何なのか。日本のお客さまに『美容において何を重要視していますか?』と質問すると、『肌』と答える方が非常に多くいらっしゃいます。ところが欧米では考え方が違っていて、『自己表現』が重要視されている。アメリカではマスカラやアイシャドウなどの目元を印象的に見せる化粧品、ヨーロッパだとフレグランス(香水)が好まれます。

 日本の方は恐らく、外に出掛けて人と会う時に、エチケットとして綺麗に、清潔にしていたいという思いがある。ですから、最近は洗顔料の売り上げが伸びていると聞きます。東洋医学がベースになっていると個人的に予想しているのですが、バランスのとれた食事、質の高い睡眠、ストレスのない生活……そういったもののトータルから生まれる『美』を追求したいという文化があるのです。元々そのような価値観があったところに、新型コロナウイルス感染症の流行によって、さらに『健康』や『免疫』がクローズアップされるようになりました。その結果、ますます『健康美』というものが注目されてきています」

 これらを踏まえ、資生堂は今後「トータルビューティー」をキーワードに、「美」と「健康」を結びつけるようなサービスや事業を模索していくという。

 他にも魚谷氏が、経営での「攻め」と「守り」の姿勢についてや、これまで中国を中心としてきたグローバル事業の行方、コロナ禍での「働き方改革」と若者の可能性などを語ったインタビュー「 新しい日常の『美』を追求する 」の全文は、「文藝春秋」8月号及び「文藝春秋digital」に掲載されている。
?

※「文藝春秋」編集部は、ツイッターで記事の配信・情報発信を行っています。 @gekkan_bunshun ?のフォローをお願いします。

※音声メディア・Voicyで「 文藝春秋channel 」も放送中! 作家や編集者が「書けなかった話」などを語っています。こちらもフォローをお願いします。

(「文藝春秋」編集部/文藝春秋 2020年8月号)

関連記事(外部サイト)