1年間で372軒ホテルにチェックインした私が選ぶ「酷かったホテル」ワースト5

1年間で372軒ホテルにチェックインした私が選ぶ「酷かったホテル」ワースト5

©iStock.com

 筆者の仕事は、ホテルへ出向き取材することが基本であるが、コロナ禍においては当然叶わない。そこで過去の記録を振り返ったりしているのだが、やはり強烈な記憶として残っているのは2014年、372軒へチェックインした1年間だ。

 もちろん感動のサービスやラグジュアリーなホテルも体験したが、なぜか記憶に強く刻まれているのは“酷かった”体験だ。旅とは記憶であり体験。そのときは苛立ち悲しくもなったが、旅立つことができない今となっては、なぜか微笑ましい思い出として蘇ってくるから不思議なものだ。

■1年間で372軒“チェックイン”した理由

 ところで、筆者がホテル評論家を名乗ったのは2013年10月25日。ホテルの食品偽装問題で複数のメディアから取材のオファーがあったことがきっかけだった。ただ、ホテル評論家を名乗ってみたものの、自分の強みは多くのホテルを知っているということだけ。そこでさらにひとつでも多くのホテルを体験しようと翌2014年に、元旦から大晦日まで毎日ホテルへ泊まり続けるというミッションを思い立ち遂行した。

 ところが、ミッションコンプリート直前の12月上旬、同行していた家人が福井県内のホテル内で骨折。救急病院で診てもらったところ、入院、手術の上、完治までに3ヶ月は要するといわれ、とにかく東京へ戻って診察を受けるべきと医師から勧められた。急遽帰京することを決断し、夜半にホテルをチェックアウトしたわけだが、果たしてこの日は「宿泊」と言えるのだろうかという疑問を持ったことで、達成目前だった365日宿泊ミッションはこれにて終了と一線を引いた。

 その後も大晦日までホテル泊は続けたものの、翌日は自宅近所の病院に付き添いつつ早朝にチェックインするなど、もはや“宿泊”といえないような利用もちらほら。結果として2014年末日までに計372軒(1日2軒同時にチェックインなどもあるため)のホテルへチェックインしたものの、自身の中では365日連続して“宿泊した”ことにはならないという判断をした。

 キャッチーなワードなのか、時にメディアで「1年間で372軒のホテルへチェックインしたホテル評論家の……」と紹介されることがあるが、372軒のホテルへ「宿泊した」ではなく「チェックインした」としているのはそのためである。

■深く記憶に刻まれた「酷かったホテル」ワースト5

 前置きが長くなったが、前述の通り372軒のホテルの中には印象深いホテルがいくつかあった。中には名前が変わった施設やホテルそのものが無くなってしまったところもある。通して言えるのは、素晴らしかったホテルというよりも、酷かったホテルの方が愛おしい記憶として深く刻まれているということだ。いくつかエピソードを紹介したい。

※表記は、順位/ホテル名/客室番号/ホテル種別/宿泊年月(いずれも2014年)の順
※ホテル名はイニシャルのみ。すでに廃業した1軒のみ実名で記した
※拙著「365日365ホテル上」(マガジンハウス)より一部引用

■第5位 Kホテル 325号下段 カプセルホテル 2月某日

 激しい雨の深夜、ホームタウンの繁華街を抜けた辺りの古いカプセルホテルへ。入口にはなぜか巨大な馬の木彫りが鎮座。ロッカーは323番の隣が416番とバラバラでいまいちルールがわからないキライはあるが休憩室は盛況だ。「製氷機の中に物を入れないで下さい」という貼り紙に思わずびっくり。

 カプセルホテルではこんなことを注意するのか?という多様な注意書きが見られて楽しい。サウナへ行くための階段は雨漏りがひどくてケロリン桶が並べられていた。

「サ道」(テレビ東京系)というドラマが流行ったが、こうした施設にはコアな常連サウナファンが通う。施設の目新しさも大切かもしれないが、重要なのは発汗し“整う”かどうかだ。世の中には、安く泊まれて熱いサウナと冷たい水風呂があればいいじゃないか、という考え方もある。

■第4位 三番館 211号室 ビジネスホテル 4月12日 ※現在は廃業

 大都市のターミナル駅からほど近いラブホテル街。風俗店の路地を入った突き当たりという場末感たっぷりの立地。外観をはじめロビー、階段、廊下、客室もトータルで相当のインパクト。フロントには誰もおらず大声で「すみません!」と言うと奥から年配の女性が出てきた。「泊まるの?」「は、はい」こんなやりとりが続き、渡されたのはルームキーとなぜかテレビのリモコン(盗まれるからだろうか?)。

 アットホームな雰囲気には癒やされるが部屋に入るとシーツや枕の目立つシミ。とほほ。トイレや洗面台は共用だが、部屋から出ようと鉄製の扉を開け閉めするたびに、ギィィィィと鳴り響くので外出にも気を使ってしまった。いまとなってはキレイなラブホテルにリブランドされて当時の面影はないが、いろいろな意味で体温を感じるホテルであった。

■第3位 ホテルA 603号室 ラブホテル 6月某日

 夜な夜な飲ん兵衛がたむろする飲み屋街の外れ。休憩2200円と書かれたラブホテルへチェックインしてみた。看板にはホテル名と共に「連泊・休憩・食事・喫茶」と大きく書かれている。なかなかシュールなコンセプトだ。エレベーターで6階へ上がり部屋へ向かう。かなり狭い廊下であるが、それまた秘め事っぽい雰囲気を醸し出しているというのは考え過ぎか。

 部屋はコンパクトにまとめられているが、やはり値段相応といったところで明るい雰囲気はない。なぜか「ロイヤルホテル」と書かれたスリッパが(ちなみにこのホテルは「ロイヤルホテル」ではない)。

 いろいろ驚くことばかりであるが、周辺相場の3分の1という手頃な価格設定で、利用価値の高さを発揮するシーンもあることだろう。特に60分等短時間の利用もできるので“時短で済ませたい”というゲストにも好都合かも知れない。

 そして2位、1位と強烈な体験が続く……。

■第2位 Hホテル 113号室 ビジネスホテル 10月某日

 夜の歓楽街の奥の奥まで進みすっかり暗くなった住宅街の一角。女性ひとりで歩くのは憚られるほどの雰囲気だ。強い雨ということもあり寂寥感が漂う。目的のホテルに到着。名前には旅館とあるがホテルである。

 階段を上がりフロントへ行くと誰もいない。「館内パトロール中」との掲示。コールボタンを押せとあるのでプッシュすると、突然向いのドアが開いて男性スタッフが出てきた。部屋は113号室なので1階かと思いきや、エレベーターで地下1階へ行けとのこと。部屋へ入ってわかった。正確にはここは地下ではない。半地下である。上部にあったサッシを開けてみると上から雨が吹き込む。わずかに外界が望めた。

 外出しようとルームキーを預けようとするもフロントには相変わらず誰もいない。大声で呼ぶと向かいの部屋から先ほどの男性スタッフが「カウンターの上に置いといて!」と言う。1時間半ほどで用事を済ませ戻ってくるとキーは置かれたままであった……。

 外国人旅行者(バックパッカー)が多い様子で、フランクな雰囲気も好まれているようだった。いまとなってはハイセンスな施設としてリブランドされているが筆者にとっては思い出深いホテルだ。

■第1位 Iホテル 605号室 ビジネスホテル 6月某日

 多くの車が行き交う大通りから路地を入ったところにエントランスがあり、以前から気になっていたホテル。一見マンションのようであり、フロントもマンションの管理人室的な雰囲気でいろいろなモノが置かれ雑然としている。チェックイン。建物の経年感は否めないが、立地は良いし、周辺ホテルと比較すればかなり安めの料金設定である。泊まるだけだったらいいんじゃね?と部屋へ。

 姉さん!事件です!!(ドラマ「HOTEL」より) 掛布団が破れ、なんとガムテープで補修してあるではないですか。柄物掛布団にテープの茶色がよく目立つ。「やっつけ仕事」とは、まさにこのような仕事をあらわす言葉だろう。

 あまりにショッキングで換気扇の轟音に気付かなかった。泊まるだけだったらいいんじゃね?とは書いたが、「泊まる」が「寝る」を意味するのであれば、この布団とこの轟音、かなり難儀するのではないかと思われる。

◆ ◆ ◆

 いろいろと記憶を辿ってみたが、高級ホテルが出てこないのは当然として、ビジネス、カプセル、ラブホテルとバラエティに富んだ結果となった。1軒は廃業してラブホテルとなり、その他もリブランド等でいまではその面影もないホテルは多い。

 振り返れば、2014年当時は訪日外国人旅行者の激増で様々な業態のホテルが活況を呈していた。インバウンド客など、リーズナブルな宿を求める旅行者にこうした格安のホテルは旺盛な需要があったので、様々な個性的なホテルと出会うことができた。しかしいまやコロナ禍で、宿泊業は全体的に苦戦を強いられている。一日も早く気兼ねなく泊まり歩ける日が来ることを願いつつ、まだまだある個性的なホテルの思い出を、またの機会にお伝えしたいと思う。

写真=瀧澤信秋

(瀧澤 信秋)

関連記事(外部サイト)