日本就職した韓国の若者、日本企業の長所と短所語る「マニュアル通りで融通利かない」

記事まとめ

  • 『梨泰院クラス』のヒットなど、韓国の若者の"生き辛さ"への関心が高まっている
  • その"生き辛さ"から海外就職を考える若者が増加、就職先は日本が最も多いという
  • 20代のリュさんは『ドラゴンボール』などを見た世代で、日本を身近に感じていたそう

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております