これでは世界で戦えない!見直し進む「一律初任給」 危機感から初任給改革、日本企業の反転攻勢なるか?

有力企業で「一律初任給」見直し進む くら寿司、ファーストリテイリング、LINEも

記事まとめ

  • 企業が2018年前後から新卒社員の初任給を一律とせず額に幅を持たせる試みを行っている
  • くら寿司、ファーストリテイリング(ユニクロ)、LINE、サイバーエージェントなども
  • 大和証券は高度専門職の新入社員の初任給を40万円以上(30時間分の固定残業代を含む)に

これでは世界で戦えない!見直し進む「一律初任給」 危機感から初任給改革、日本企業の反転攻勢なるか?

これでは世界で戦えない!見直し進む「一律初任給」 危機感から初任給改革、日本企業の反転攻勢なるか?

これでは世界で戦えない!見直し進む「一律初任給」 危機感から初任給改革、日本企業の反転攻勢なるか?の画像

(吉田 典史:ジャーナリスト)

 2018年前後から大卒、大学院卒の初任給の改革が進んでいる。くら寿司ファーストリテイリング(ユニクロ)、LINE、サイバーエージェントなど有力企業が、新卒社員の初任給を一律とせず額に幅を持たせる試みを行っている。

 2021年3月には、大和証券が新入社員の初任給を月額40万円以上(30時間分の固定残業代を含む)にする人事制度を始めることを発表した。自社の資金で株や債券を運用する自己売買部門のトレーダーや、IT分野に携わる人材を想定して設ける「高度専門職」が対象。2022年4月入社から適用する(2021年3月16日、朝日新聞)。

 1960年代前後から、日本の大企業や中堅企業の新卒採用は総合職として全員を一律同額に雇うケースが多かった。その意味で初任給改革は新しい施策であり、野心的な試みとも言える。

 なぜ各社は初任給改革を行っているのか。その背景を探るために2人の識者に取材を試みた。金融ヘッドハンターの田頭信博氏と、人事コンサルタントで明治大学大学院グローバル・ビジネス研究科客員教授の林明文氏である。

関連記事(外部サイト)

×