Appleカー、韓国LGが生産受託交渉で「合意間近」 自動車大手は警戒もIT大手と手を組む方法模索

Appleカー、韓国LGが生産受託交渉で「合意間近」 自動車大手は警戒もIT大手と手を組む方法模索

Appleカー、韓国LGが生産受託交渉で「合意間近」 自動車大手は警戒もIT大手と手を組む方法模索の画像

 韓国の英字紙コリア・タイムズは4月14日、米アップルと韓国LG電子関連会社による電気自動車(EV)の生産委託交渉が合意間近だと報じた。

 LG電子とカナダの自動車部品大手マグナ・インターナショナルが近く設立する合弁会社「LGマグナ e-パワートレイン(仮称)」が、「Appleカー」とも呼ばれるアップルブランドEVの初期量産分を担当する見通し。双方が契約の詳細について交渉を続けていると関係者は話している。

 米メディアによると、EV用モーターや減速機などの「パワートレイン(駆動系)」の設計をLG電子がマグナとともに行い、マグナが車両の製造を手がけるもよう。

 ただ、アップルは初代モデルを市場調査のための評価車と位置付けており、当初の生産台数はそれほど多くはないとコリア・タイムズは伝えている。

アップルとの取引実績があるLGグループ

 LGにはアップル製品の部品サプライチェーン(供給網)となっているグループ企業がいくつもある。液晶パネルのLGディスプレーのほか、電子部品のLGイノテック、電池事業を手がけるLG化学、LG化学から2020年に分社した電池子会社LGエネルギーソリューションなどだ。これらのグループ企業はアップルと十分な取引実績があり、歩留まり(良品率)や納期などの点で信頼を得ているという。

 LGグループは米テスラや、米ゼネラル・モーターズ(GM)の「シボレー・ボルトEV」にEV用駆動モーターやバッテリーパックなどを供給した実績がある。マグナもEV用電子機器を手がけている。

 LG電子は先ごろ、スマートフォン事業から撤退すると発表した。21年7月末をメドに自社スマホの販売を終了する予定。不採算事業からの撤退により利益率の改善が見込まれ、自動車部品関連事業に資金を投じることができるという。

 一方、LG電子とマグナ・インターナショナルの合弁会社は、EV用駆動モーターや車載充電器、インバーター(駆動時と減速時に直流・交流電流を変換)などを製造する計画。出資比率はLGが51%、マグナが49%。株主の承認などを経て21年7月に設立手続きが完了する見通し。

 アップルとの契約が成立すれば、LGとマグナはAppleカー生産計画の詳細をまとめる。アップルは24年初頭をメドに試作車を公開するとコリア・タイムズは報じている。

関連記事(外部サイト)

×