アマゾンが実店舗のIT導入加速、自社技術の外販も 傘下食品スーパーに手のひら決済、美容室も開業

アマゾンが実店舗のIT導入加速、自社技術の外販も 傘下食品スーパーに手のひら決済、美容室も開業

アマゾンが実店舗のIT導入加速、自社技術の外販も 傘下食品スーパーに手のひら決済、美容室も開業の画像

 米アマゾン・ドット・コムは4月21日、傘下の食品スーパー「ホールフーズ・マーケット」で、レジ精算時に手のひら認証で支払いを済ませられる決済システムを導入すると明らかにした。

ホールフーズ・マーケット8店舗に導入

 同社が2020年に開発し、一部店舗に導入した決済システム「Amazon One(アマゾン・ワン)」を使う。

 クレジットカードを端末に挿入後、手のひらをスキャンし、カード情報と生体情報をひも付けて「アマゾン・ワンID」を作成する。これに要する時間は1分未満。こうして登録を終えると、後はレジで1秒程度手をかざすだけで決済が完了する。顧客のアマゾンアカウントとアマゾン・ワンIDを関連付ければプライム会員特典の割引を受けられるという。

 手のひらのデータは端末に保存せず、暗号化処理をしてアマゾンのクラウドシステムで保管する。顧客は専用端末やオンラインでいつでも生体情報を削除できる。「セキュリティーに十分配慮している」とし安全性を強調している。またこれを利用するかどうかは顧客の自由。従来の方法で入店し買い物をしてもよいし、スタッフに声をかければ現金払いもできると説明している。

 まず4月21日に米ワシントン州シアトルの本社近くにあるホールフーズのマディソン・ブロードウェイ店に導入し、数カ月かけて同地域の7店舗に広げる。

 同社は20年9月にこのシステムを、直営のレジなしコンビニエンスストア「Amazon Go」の2店舗に導入した。その後、他の直営店にも拡大し、現在はAmazon Goや書店「Amazon Books」、レジなし食品スーパー「Amazon Go Grocery」、ネットの売れ筋商品をそろえた「Amazon 4-star」など実店舗計12店に導入した。

 このうちAmazon GoとAmazon Go Groceryは、レジ精算そのものが不要の店舗だ。「Just Walk Out」と呼ぶ一連の技術では、店内の天井と商品棚に設置した数百基のカメラやセンサーで顧客や商品の動きを捉える。スマートフォンの専用アプリを入り口ゲートでかざして入店した顧客は、買いたい物を棚から取って店から出るだけでよい。

 アマゾン・ワンを導入したAmazon GoとAmazon Go Groceryは、レジ精算することなく、スマートフォンを持つこともなく買い物ができる店舗になった。

関連記事(外部サイト)

×