【舛添直言】3度目の緊急事態、コロナが暴いた政治家の無能無策 コロナ対策を「アピールの機会」にし事態悪化させた政治家の名前

【舛添直言】3度目の緊急事態、コロナが暴いた政治家の無能無策 コロナ対策を「アピールの機会」にし事態悪化させた政治家の名前

【舛添直言】3度目の緊急事態、コロナが暴いた政治家の無能無策 コロナ対策を「アピールの機会」にし事態悪化させた政治家の名前の画像

(舛添 要一:国際政治学者)

 新型コロナウイルスの感染拡大が止まらず、政府は23日、大阪府、京都府、兵庫県、東京都に緊急事態宣言を発令した。期間は4月25日から5月11日までである。

 21日の感染者が過去最多の1242人に達した大阪では医療崩壊状態が起こっている。だが対策の陣頭指揮を執る大阪府の吉村洋文知事の言動には大いに首を傾げざるを得ない。

台湾や英国、イスラエルは「コロナ封じ込め」に成功しているのに・・・

 感染症対策の基本は公平な情報公開だ。それなのに吉村知事は民放の特定のテレビ番組に出まくっている。これでは情報の偏りが生じてしまう。「テレビの出る暇があったら仕事をしろ」という批判の声が高まるのは当然である。

 ところが、その悪い例を閣僚や総理大臣まで真似ている。感染症の危機管理の原則に反する行為である。民放のテレビ局は視聴率を上げるために、感染症対策に当たる大臣や知事を生出演させる。政治家にとっても支持率を上げるための好機会である。出演を拒否され、他局に出演されると困るので、知事や大臣が出演を快諾すると、テレビ局は番組では厳しい批判はしない。これでは、国民を代表して権力を監視するという役割を放棄してしまったと言われても仕方あるまい。

関連記事(外部サイト)

×