専守防衛という「まやかし」が日本に危機をもたらす 尖閣や台湾で一触即発の危機が迫る中、憲法9条の真剣な議論を

専守防衛という「まやかし」が日本に危機をもたらす 尖閣や台湾で一触即発の危機が迫る中、憲法9条の真剣な議論を

専守防衛という「まやかし」が日本に危機をもたらす 尖閣や台湾で一触即発の危機が迫る中、憲法9条の真剣な議論をの画像

 今年の憲法記念日は、例年になく改憲論議が低調だったように感じた。

 他方、新聞の世論調査では、新聞各社によって数字はマチマチであるが、共通して改憲勢力の方が護憲勢力より上回っていた。

 尖閣諸島では、中国公船によって毎日のように我が主権が侵され、台湾海峡では緊張が高まり、国民は中国の脅威を肌で感じとっている。

 国内では、新型コロナウイルスの猖獗により、今ほど緊急事態条項の不備を実感する時はない。にもかかわらず、憲法論議が盛り上がらない。

 東京など主要都市で緊急事態宣言が発出中であり、集会やシンポジウム、野外行進などが制限されたせいもあるだろう。

 何より改憲反対政党のサボタージュにより、国会の憲法審査会が機能してこなかったことが大きい。

 改憲と言えば、やはり「9条」を避けて通るわけにはいかない。

 現在、世論調査によると、日本で最も国民に信頼される組織は自衛隊である。国民の92%が自衛隊の存在を認めている。

 先日、政府はワクチン接種のための自衛隊出動を決めた。災害派遣から豚コレラ処理に至るまで、「困った時の自衛隊頼り」は顕著になり、まるで「便利屋」扱いである。

 もう9割以上の国民が自衛隊を認めているのだから、9条改正は不要という声もある。だが、今なお憲法学者の62%が自衛隊の存在を違憲と主張しているのも事実である。

関連記事(外部サイト)

×