アマゾンが米政府に反撃、反対派の急先鋒除外を要求 「当社への反トラスト調査は利害対立ない人物が主導すべき」

アマゾンが米政府に反撃、反対派の急先鋒除外を要求 「当社への反トラスト調査は利害対立ない人物が主導すべき」

アマゾンが米政府に反撃、反対派の急先鋒除外を要求 「当社への反トラスト調査は利害対立ない人物が主導すべき」の画像

 米アマゾン・ドット・コムは、同社に対する米連邦取引委員会(FTC)の反トラスト法(独占禁止法)調査からリナ・カーン委員長を外すよう求める嘆願書を提出した。同社の商慣行を批判してきたカーン氏は先入観を持っており、同氏の下では公平な調査が行われないと、主張している。米ウォール・ストリート・ジャーナルや米CNBCなどの米メディアが6月30日に報じた。

「当社の抗弁を公平に判断できない人物」

 カーン氏は反トラスト法・競争法を専門とする法学者。米議会下院司法委員会反トラスト小委員会の法律顧問を務めた経験もある。同小委員会は20年10月にグーグル、アマゾン、フェイスブック、アップルのいわゆる「GAFA」を対象にした同法調査報告書をまとめており、カーン氏はこれに携わった。2021年6月には反トラスト法を所管するFTCの委員長に史上最年少で就任した。

 FTCは米テクノロジー大手を対象に反トラスト法違反の調査を進めており、アマゾンについても調査中。アマゾンは21年5月、スパイ映画「007」シリーズなどで知られる米映画製作大手メトロ・ゴールドウィン・メイヤー(MGM)を買収すると発表したが、ウォール・ストリート・ジャーナルによると、これもFTCが調査する見通し。

 アマゾンは6月30日に提出した25ページに及ぶ嘆願書で、「彼女はこれまで当社に対する批判や、当社が法に違反しているとする主張を繰り返してきた。合理的なオブザーバーなら、彼女がもはやアマゾンの抗弁を先入観を持たずに検討することはできないと判断するだろう」と述べた。

 また、アマゾンの広報担当者は、「すべての大企業と同じようにアマゾンも調査されるべきだ。だが、大企業であっても公平な調査を受ける権利はある」と述べた。

カーン氏のキャリアや著作、アマゾンと利害対立

 カーン氏は米エール大法科大学院の学生だった17年にアマゾンによる競争阻害を新たな枠組みで判断すべきと提言する論文「アマゾンの反トラスト・パラドックス」を発表。独占状態を抑制できない現行法の問題点を指摘して注目を浴びた。

 CNBCによると従来の反トラスト法の枠組みは消費者保護を焦点に当てており、主に価格つり上げや選択肢の減少によって生じる消費者の不利益を問題視する。

関連記事(外部サイト)