ようやく五輪開幕も、今度は「選手村」が外国選手から悪評紛紛 浴室もベッドも日本人規格、「日本が勝つための戦略か」の疑念も

ようやく五輪開幕も、今度は「選手村」が外国選手から悪評紛紛 浴室もベッドも日本人規格、「日本が勝つための戦略か」の疑念も

ようやく五輪開幕も、今度は「選手村」が外国選手から悪評紛紛 浴室もベッドも日本人規格、「日本が勝つための戦略か」の疑念もの画像

 よくもまあ、これだけ次から次へと出てくるものだ。23日の開会式当日を迎えても東京五輪が相変わらず不評を買っている。

 東京五輪・パラリンピック組織委員会は22日になって開会式の演出担当を務めてきた元お笑い芸人の小林賢太郎氏について、過去にユダヤ人大量虐殺(ホロコースト)をコントの題材にしていたことを理由に解任したと発表した。

問題噴出のたびに「真摯に受け止める」と陳謝したものの

 東京五輪・パラリンピックの開会式の作曲担当となっていたミュージシャンの小山田圭吾氏も過去の雑誌インタビューで障害がある同級生らに対して目を背けたくなる陰湿ないじめや差別行為を行っていたことを笑いながら告白していた詳細が明らかになり、19日に自身のSNSで辞任を発表。森喜朗前組織委会長の女性蔑視発言、開会式で女性タレントの“ブタ扱い演出”を考案していたことが明るみに出て開閉会式の演出担当から辞任したクリエーティブディレクターの一件など東京五輪を統括している組織委の幹部や上層部はこれまでも繰り返された不祥事の際、その都度決まって「真摯に受け止める」などと口にし平謝りしていたはずだ。

 しかしながら、またしても同じように人権を踏みにじる愚行に及んでいた過去の経歴があるにもかかわらず、まともな身辺調査もせずに小山田氏や小林氏を選定。東京五輪全体の人権意識の欠如を再び世界に向けて発信する結果を招いてしまった。

 これでは口先だけでまったく反省もせず、かなり適当な人選を行っていたと批判されても仕方がないだろう。

 しかも大会で要職に就く候補者の人選に「何か問題があるのではないか」と問われた組織委幹部が「(候補者の)過去の経歴を全て把握することは不可能」と開き直ったというから、開いた口が塞がらない。こんな調子なら、大会期間中にもまた似たような“ミス”が発覚しそうな悪い予感も漂う。

関連記事(外部サイト)