テスラを買ってリアルに気づいた気候変動とEVを巡る世界の趨勢 ハイブリッド車と化石燃料に固執する日本のガラパゴス化を止めよ

テスラを買ってリアルに気づいた気候変動とEVを巡る世界の趨勢 ハイブリッド車と化石燃料に固執する日本のガラパゴス化を止めよ

テスラを買ってリアルに気づいた気候変動とEVを巡る世界の趨勢 ハイブリッド車と化石燃料に固執する日本のガラパゴス化を止めよの画像

 菅首相は「2050年カーボンニュートラル」を宣言したが、気候変動対策でルール形成を目論む欧州連合(EU)はもとより、米国や中国ははるか昔に気候変動に適応した社会の構築に向けて走り出しており、日本の周回遅れ感は否めない。

 自動車産業にしても同様だ。フォルクスワーゲンをはじめ欧州の自動車メーカーは電動化に向けて一段とアクセルを踏み込み、世界最大のEV市場になった中国、テスラを抱える米国も電動化やゼロエミッション化に舵を切る。

 日本の自動車メーカーは今だにハイブリッド車をEVの主軸に据えているが、EUが2035年までにガソリン車など内燃機関車の新車販売を事実上禁じる方向で動き始めたように、ハイブリッド車は競争力を失っていくことが必死だ。

 なぜ日本の自動車メーカーはEVにシフトできないのか──。今回の「元気を出せニッポン!チャンネル」では、自らテスラを購入した猪瀬氏と、ジャーナリストの田原総一朗氏が縦横無尽に論じた。以下、動画をご覧ください。

●関連記事&動画
・「五輪中止と不安をただ煽るようじゃ日本も終わりだよ」(https://jbpress.ismedia.jp/articles/-/64064)
・「東京五輪をやめて来年の北京が成功したらどうする?」(https://jbpress.ismedia.jp/articles/-/64114)
・「2050年CO2ゼロ、原発なしで実現可能か?」(https://jbpress.ismedia.jp/articles/-/64713)
・「人民解放軍が起こしている『軍民融合』イノベーションの革新度」(https://jbpress.ismedia.jp/articles/-/65370)
・「日本の政治家と官僚が将来ビジョンをつくれない構造的欠陥」(https://jbpress.ismedia.jp/articles/-/65366)
・「台湾有事と対中戦略でバイデン米大統領が菅日本に満足した一言」(https://jbpress.ismedia.jp/articles/-/65363)
・「SDGsで周回遅れの日本企業の絶望的な感度」(https://jbpress.ismedia.jp/articles/-/64919)
・「ケチがつきまくりの迷走五輪、諸悪の根源は誰だ?」(https://jbpress.ismedia.jp/articles/-/65450)
・「太陽光と風力を捨てて火力発電に突っ走ったのは誰のせい?」(https://jbpress.ismedia.jp/articles/-/65654)
・「『カーボンニュートラル』の実現のために原発回帰って嘘だろ?」(https://jbpress.ismedia.jp/articles/-/65655)
・「なぜ経営者は気候変動ビジネスの重要性に気がつかなかった?」(https://jbpress.ismedia.jp/articles/-/65724)

関連記事(外部サイト)