【舛添直言】感染者減でもブースター接種を急がねばならない理由 ブースター遅れた英国では「一日で5万人超」の新規感染者が

【舛添直言】感染者減でもブースター接種を急がねばならない理由 ブースター遅れた英国では「一日で5万人超」の新規感染者が

【舛添直言】感染者減でもブースター接種を急がねばならない理由 ブースター遅れた英国では「一日で5万人超」の新規感染者がの画像

(舛添 要一:国際政治学者)

 新型コロナウイルスの新規感染者が激減している。感染の第5波は収束したと結論づけてよい。ただ、なぜ急速に減少したのか、そして年末年始に感染の再拡大はあるのか、第6波が到来するのであればどのような準備が必要なのか。そのことを押さえておく必要がある。

新規感染者、日本は減って英国は増えている理由

 まず、激減した理由である。第一は、ワクチン接種が進んでいることである。10月20日現在で、全人口に占めるワクチン接種者の割合は、1回目が75.8%、2回目が68.0%である。接種完了者の比率を国際比較すると、日本は、@スペイン、Aカナダ、B中国、Cイタリアに次いで第5位であり、Eフランス、F韓国、Gイギリス、Hドイツ、Iアメリカよりも先行している。

 このワクチン接種のおかげで、感染しても重症化したり、亡くなったりする人が減っているのである。

 そこで、集団免疫の理論が新型コロナウイルスにも当てはまるのかどうかが問題となる。集団免疫とは、人口の6割以上が抗体を保有すると、彼らが盾となってウイルスの感染拡大を防止するという考え方である。

 日本の接種率を見ると、すでに集団免疫を獲得するには十分なレベルであり、この理論通りに行くと、もう感染の拡大はなく、完全に収束することになる。メッセンジャーRNAを活用したファイザーやモデルなのワクチンは、デルタ株のような感染力の強い変異株に対しても有効である。したがって、変異株が理由で集団免疫ができないということはないであろう。

 日本では既に集団免疫状態になっていると推論すれば、もう収束に向かうのみであると言うことができよう。専門家の中にはそう考えている人もいる。

 ところが、イギリスの例を見ると、このところ急速に感染者が増えている。10月19日の新規感染者は4万3324人で、1週間の平均4万4251人となった、翌20日には感染者が4万9139人となり、8日連続で4万人を超え、21日にはついに5万2009人と5万人を上回ってしまった。

 この感染爆発の原因は何か。一つには、感染防止上の規制が完全に解除され、人々がマスクを着用せずに外出し、密集するイベントなどに参加していることである。そのため、保健当局はマスク着用や在宅勤務を勧めている。

 イギリス政府は、感染者は増えても、重症者や死者は大きく増えていないことを強調し、今の対応を変更する予定はないとしている。

続きはJBpressで
(会員登録が必要な場合があります)