アストン・マーティンのSUVが備える310キロの最高速と圧倒的なスタビリティ 「いまどきの自動車問答(第24回)

アストン・マーティンのSUVが備える310キロの最高速と圧倒的なスタビリティ 「いまどきの自動車問答(第24回)

アストン・マーティンのSUVが備える310キロの最高速と圧倒的なスタビリティ 「いまどきの自動車問答(第24回)の画像

文=渡辺慎太郎

専用のプラットフォームを設計

“DBX”はアストン・マーティン史上初のSUVで、2019年に発表されたモデルです。アストン・マーティンはこのクルマのために専用のプラットフォームを設計、工場までも新設していることから、彼らがDBXに対してどれくらい真剣に開発に取り組み、そして期待を寄せているかが分かります。既存のプラットフォームを流用して、大きなタイヤを履かせて車高をちょっと上げただけの急場しのぎのモデルではなく、アストン・マーティンのバッジを付けても恥ずかしくないSUVを作り上げようとする気概も伝わってきます。

 そもそもアストン・マーティンはイギリスのスポーツカーメーカーで、フェラーリともポルシェとも異なる唯一無二の乗り味にこだわってクルマを開発してきました。そのこだわり方は、クルマのことを理論的にも物理的にも正確に理解している“玄人はだし”のようでもあって、官能的雰囲気が漂うジェームス・ボンドの愛車のイメージとは少し離れたところにいるかもしれません。

 DBX707は新たに追加されたモデルです。DBXには4リッターのV8ツインターボが搭載されているのですが、このポテンシャルを最大限まで引き出そうというのが開発のきっかけだったそうです。そもそもこのエンジンは、メルセデスAMGから供給を受けているのですが、アストン・マーティンが独自のチューニングを施しており、どちらかといえばウエットなAMGに対してアストン・マーティンのそれはドライなエンジンフィールが特徴です。

 DBX707では、このエンジンのターボを大型化するとともに、制御プログラムを刷新することで最高出力707ps、最大トルク900Nmを発生。これは、ノーマルのDBXよりも+157ps/+200Nmのパワーアップとなります。この数値から分かるように、DBX707の“707”は最高出力を現しています。

続きはJBpressで
(会員登録が必要な場合があります)