転職活動に苦戦する大手製薬会社の研究員がとりあえず始めたあの副業 【令和版おじさんの副業】 薄毛治療の体験モニター

転職活動に苦戦する大手製薬会社の研究員がとりあえず始めたあの副業 【令和版おじさんの副業】 薄毛治療の体験モニター

転職活動に苦戦する大手製薬会社の研究員がとりあえず始めたあの副業 【令和版おじさんの副業】 薄毛治療の体験モニターの画像

「あれ、こんなところでおじさんが働いてる……」

 近年、非正規労働の現場で、しばしば「おじさん」を見かける。しかも、いわゆるホワイトカラーの会社員が、派遣やアルバイトをしているケースが目につくようになった。

 45歳定年制、ジョブ型雇用、そしてコロナ──。中高年男性を取り巻く雇用状況が厳しさを増す中、副業を始めるおじさんたちの、逞しくもどこか悲壮感の漂う姿をリポートする。

【関連記事】
◎「副業の森」をさまよう人材派遣おじさんの夢はまさかのユーチューバー(https://jbpress.ismedia.jp/articles/-/70099)
◎在宅副業の夢も崩壊、倉庫バイトを続けるバブル世代の終わらない自分探し(https://jbpress.ismedia.jp/articles/-/69744)
◎学習塾はイケメンしか採用されない、航空会社イケオジがハマる週末バイト(https://jbpress.ismedia.jp/articles/-/69867)
?

(若月 澪子:フリーライター)

70歳まで今の会社にいたくない

 2021年4月、「高齢者雇用安定法」の改正で、70歳までの就業を確保する努力義務が企業に課されるようになった。「年金、すぐに払えそうにないから、とりあえず会社にいさせてあげて」と国が企業に頼んでいる。

 しかし、「今の会社に70歳までいられるなんてラッキー」と思う中高年ばかりではない。「え、そんな年まで同じ会社にいるなんてツラすぎる……」と考えるおじさんも多い。60歳を過ぎると給料が大幅に下がる、そもそもモチベーションがわかないなど理由はさまざまだが、そうなると中高年男性の次なる選択肢は「転職」になる。

 もちろん、45歳以上のおじさんの転職はハードルが高い。それは大企業に勤める、高度な専門知識を持つ人も同じだ。結果、転職活動がうまくいかず、「とりあえず副業でも探しとくか」となるおじさんも出る。

 大手製薬会社で研究員として30年以上働いてきたIさんも、転職活動に難航し、副業を模索する一人だ。

 長年、さまざまな新薬の研究に取り組んできたIさんは、自社の研究所だけでなく、医学部のドクターにも幅広い人脈を持つアカデミックな人生を歩んできた。ところが、3年ほど前に状況が変わる。Iさんが手がけていた、とある病気の新薬の研究が中断されることになったのだ。

「今、新薬の研究はFDA(米食品医薬品局)の基準に合わせなくてはいけません。国内だけで売るなら厚生労働省の基準を満たせばいいのですが、世界で売り出すには、世界基準に合わせる必要があります。私が関わっていた薬のFDA認可基準は非常に厳しく、治験(薬の臨床試験)にものすごくお金がかかるため、会社から開発中止を宣言されました」

 長年、ライフワークとしてこの新薬の開発に心血を注いできたIさんは絶望し、社内での研究に心が折れてしまった。

続きはJBpressで
(会員登録が必要な場合があります)