「ロシア国内で反戦運動」「クーデターの動きあり」は本当か? 鵜呑みにしてはいけない日本の“専門家”によるウクライナ侵略の分析

「ロシア国内で反戦運動」「クーデターの動きあり」は本当か? 鵜呑みにしてはいけない日本の“専門家”によるウクライナ侵略の分析

「ロシア国内で反戦運動」「クーデターの動きあり」は本当か? 鵜呑みにしてはいけない日本の“専門家”によるウクライナ侵略の分析の画像

(古森 義久:産経新聞ワシントン駐在客員特派員、麗澤大学特別教授)

 ロシアのウクライナ侵略に関する日本の専門家たちの分析や予測はどこまで正しいのだろうか。

 日本の「識者」たちが入手するウクライナ戦争に関する情報は、米国やイギリスの政府機関や研究所、メディアの発信に依存する部分が多いようだ。だが、米英発の情報には基本的に間違った部分が多いということを、ロシア出身の学者が米国の大手外交雑誌への寄稿で指摘した。日本でのウクライナ戦争の読み方にも少なからず誤りがあるという実態が浮かび上がったといえそうだ。

大きく外れた“専門家”たちの予測

 日本のロシアやウクライナの専門家とされる人たちの論評のなかで明らかに読み間違えていたといえるのは、5月9日のロシアの対ドイツ戦勝念日に関してだった。

 1945年5月、当時のソ連の軍隊がナチス・ドイツの政府と軍隊を完全に打ち破った。その勝利を記念して、ソ連の後身となったロシアも毎年この日に盛大な式典を挙行してきた。

続きはJBpressで
(会員登録が必要な場合があります)