アップル音楽・ゲーム配信、25年までに82億ドル規模 サービス事業強化の施策が奏功

アップル音楽・ゲーム配信、25年までに82億ドル規模 サービス事業強化の施策が奏功

アップル音楽・ゲーム配信、25年までに82億ドル規模 サービス事業強化の施策が奏功の画像

 米アップルの音楽とゲーム配信サービスの合計売上高が2025年までに36%増の82億ドル(約1兆1000億円)規模に達する見通しだとロイター通信が6月13日に報じた。米JPモルガンのアナリストらが分析した。アップルは、スマートフォン「iPhone」をはじめとする同社製端末の膨大なユーザーベースを利用して、サブスクリプション(定額課金)サービスの強化を狙っている。

 アナリストらは、アップルの音楽配信サービスとゲーム配信サービスの合計利用者数が25年までに約1億8000万人に達するとみている。内訳は音楽配信が1億1000万人、ゲーム配信が7000万人。依然として続くインターネットの急速な普及と急成長するゲーム市場によって後押しされると、分析チームリーダーのサミク・チャタージー氏は指摘する。

Apple Music、70億ドル規模に

 アップルが有料の音楽配信サービス「Apple Music」を世界100カ国以上で始めたのは15年6月だった。音楽ダウンロード販売で確固たる地位を築いた同社が、次に目指したのが聴き放題のサブスクリプションサービス(音源をローカルデバイスに保存しない「ストリーミング」サービス)だった。

 その狙いは見事に当たった。米国では16年、音楽ストリーミングサービスの年間売上高が同国全レコード(録音)音楽売上高の51%になった。Apple Musicは現在、スウェーデンのスポティファイ・テクノロジーに次ぐ規模のサービスとなっている。JPモルガンはApple Musicの売上高が25年までに約70億ドル(約9400億円)に達すると予測している。

Apple Arcade、12億ドル規模に

 アップルが定額制のゲーム配信サービス「Apple Arcade(アップル・アーケード)」を始めたのは19年秋だった。サービス開始当時、アップルは新作や独占配信作品、オリジナル作品を含めて100以上のタイトルを用意し、その大半でそれぞれ数百万ドルを投じると英フィナンシャル・タイムズなどが報じた。同紙によると、アップルがゲームタイトルに費やした金額はサービス開始当初で5億ドル(約670億円)に上った。

続きはJBpressで
(会員登録が必要な場合があります)