世界最大のコロナ感染エリアとなった日本と韓国 低致死率・高感染力で死者数最大の懸念

世界最大のコロナ感染エリアとなった日本と韓国 低致死率・高感染力で死者数最大の懸念

世界最大のコロナ感染エリアとなった日本と韓国 低致死率・高感染力で死者数最大の懸念の画像

 7月28日、日本の新型コロナウイルス感染症新規罹患者は23万3094人を数え、過去最悪の記録となりました。

 その後も毎日22万人以上の新規罹患が続いており、7月30日までの1か月間に日本で発生したコロナ新規罹患者は合計約327万人。

 ちなみに7月1日時点での過去2年半の累計罹患者数が930万人。これがたった1か月で35%も増え、8月第1週で1300万、月半ばに1500万人を超えるのは、まず確実な情勢です。

 ところが、これを一面で伝えるメディアは少なく「コロナ慣れ」が極端に進んでいることが痛感させられます。

 しかし、先ほどの「1日23万人」という記録が単に「日本新」というだけでなく、現状で「世界最多」最悪でもあるという事実を読者はどの程度ご存じでしょうか?

 今回は、東京大学ゲノムAI生命倫理研究コアでの議論、下手をすると「日本/韓国株」が次世代コロナの「主役」となってしまう可能性を平易な現象論で解説します。

 冒頭に、7月最終週、全世界で発生した新型コロナウイルス感染症新規患者の国別分布を示しました。

 トップは日本、それを2位の米国、3位の韓国が追い、4位以下、ドイツ、イタリア、フランス、オーストラリア、ブラジル、台湾、メキシコが追う、ワースト10を示しておきます。

 五輪やスポーツでは「日本がトップ」というと盛んに喧伝する我が国のマスコミですが、こういう実情をどの程度、日本の報道陣が理解しているか。

 身近で確かめた範囲では「皆無」という残念な結果になってしまいました。

 今年の夏のコロナは「罹っても軽症が多い」ので、政府は特段の人流制限を設けないという残念な政策判断を下しています。

 それがどういう結果を導くかデータに基づいて警鐘を鳴らします。

 こうした内容は、興味本位を悦ぶ一般メディアではきちんと読まれない懸念が高く、率直に心配しています。

 WHO(世界保健機関)が緊急事態宣言を出した「サル痘」についても、LGBT特定サークルでの蔓延を強調する疫学的な誤解を与えかねない報道が流布しています。

 誤った先入観が広がっている可能性が高く、日本国内の防疫事情はかなり厳しいものがあります。だからこそ、意識ある読者に向けて、出稿しています。

続きはJBpressで
(会員登録が必要な場合があります)