「ボクは・・・」で論点逸らす闇営業会見の悍ましさ 「ボク」「キミ」が使われるようになった歴史と浪花節

 片や参院選、片や京都アニメーション放火殺人事件と、シリアスな問題が報じられる中で、異例の長時間記者会見その他でマスコミ的には露出の多い「お笑い芸人」の「闇営業」問題。

 多くの方が全く触れない部分で、テレビ番組制作に関わった経験を持つ一個人として、どうにも気持ち悪く、違和感を抱かざるを得ない点がいくつかあり、それを記したいと思います。

 まず時系列的に先になった、「反社」として報道される詐欺集団から金銭を受け取った芸人側の記者会見、報道される様々な内容にここで触れるつもりはほとんどありません。

 ただ、分かる人には最初からはっきり分かる、非常に気持ちの悪い点が、ほとんど一切メディアに取り上げられていない。

 それは一人称の問題、それから「笑いと涙」の問題です。

「ボク」と称して、謝罪の会見を行っているのですが、これがもし政治家の謝罪会見だったら、あるいは一般企業で発生した不祥事であったら成立するでしょうか?

 さらに、大の男が人前で、涙を浮かべたり、実際泣きながら会見するということ、そのものが既成事実として報じられているようにみえる。そのこと自身が、古いタイプの人間だからかもしれませんが、私には気持ち悪くて仕方がありません。

 官庁の不祥事で、担当官が泣いて頭を下げながら、一人称「ボク」で語って納得する納税者がいるでしょうか。

 いるわけがないじゃないか、というのが私の主観的な判断です。皆さんはどのように思われますか?

 つまり、この「芸人会見」は1から10まで「芸人」であることを前提に準備され、その通りに演じられたお涙頂戴の浪花節・・・。

 いまや、コメンテータの中には「先週までは闇営業が問題だったのに、パワーハラスメントに論点が移ってきた」などと「解説」するケースもあるようですが、それって論点のすり替えなのではないか?

 番組の制作や演出の観点からコンテンツを見る習慣が完全に身についている私には、そのようにしか映りませんでした。

関連記事(外部サイト)