誤認逮捕を謝罪した愛媛県警、15年前にも強引捜査  白バイ衝突事故で「有罪」にされた高校生親子の未だ消えぬ怒り

愛媛県警が20歳の女性を誤認逮捕し、本部長が謝罪しました。しかし「自白の強要」は認めていません。15年前、白バイとの事故で冤罪を着せられかけた高校生の母親が、県警の姿勢に疑問を呈します。(柳原三佳・ノンフィクション作家)

県警の捜査に異を唱えた母

「愛媛県警に誤認逮捕され、自白を強要されたという20歳の女性、お若いのに執拗な捜査に負けず、本当によく頑張られたと思います。しかし、この件に対する本部長の認識には、本当に怒りがこみ上げてきました。」

 そう語るのは、愛媛県松山市に住む山本純子さん(50)です。彼女が注目する「愛媛県警の誤認逮捕」とは、8月2日に報道された以下の件です。

■誤認逮捕 取り調べに愛媛県警本部長「ただちにアウトではない」(「毎日新聞」2019.8.2)
<愛媛県警松山東署に窃盗容疑で誤認逮捕された松山市内の20代の女性が1日に手記を発表したことを受け、県警の松下整本部長が同日夜、県警本部で報道各社の個別取材に応じた。女性が「自白強要」と訴えた取り調べについて、本部長は「ただちにアウトではない」との認識を示した。(中略)女性は7月に逮捕され、取り調べ中に「就職も決まってるなら大事(おおごと)にしたくないよね?」「認めないと終わらないよ」と自白を強要するような発言があったと手記で明かした。「犯人なら目の前にいる」とも言われたと県警を批判し、再発防止策の公表などを求めている。(中略)また、再発防止策の公表については、捜査手法を明らかにすることにつながり問題があるとして「考えていない」との見解を示した>

 実は、山本純子さん自身も、愛媛県警の誤った捜査に異議を唱え、約9年間、同県警と闘った経験を持つ母親の一人です。

 純子さんは振り返ります。

「私の息子は高校1年のとき交通事故に遭い、同じく愛媛県警から酷い仕打ちを受けました。相手は白バイだったんです。重傷を負った息子に対して、警察がどれほど一方的な言葉を浴びせてきたか・・・。今もあのときの恐怖が昨日のように蘇ります」

関連記事(外部サイト)