中国に忖度?ヘタレ「トップガン」に米国で怒りの声 革ジャンのワッペンを歪曲、米海軍も資本の論理に屈するのか

(北村 淳:軍事社会学者)

 ハリウッド同様にアメリカ海軍当局も中国共産党の前に膝を屈したのかと米海軍などの対中強硬派は憤りを募らせている。

中国共産党に“忖度”して製作?

 1986年にトム・クルーズが米海軍の艦上戦闘機パイロットを演じて大ヒットしたハリウッド映画「トップガン」の続編「トップガン マーヴェリック」が現在製作中だ。日本での公開は来年(2020年)夏の予定である。

 1作目の「トップガン」がヒットした直後には、米海軍航空隊への志願者が前年比5倍に達し、米海軍そのものへの志願者も大幅に増加したといわれている。そのため「トップガン マーヴェリック」がヒットすれば、再び米海軍への志願者が増加するのでは? という期待がないわけではない。

 ただし、7月にパラマウント・ピクチャーズが予告編を公開すると、「米海軍パイロットの活躍を描く映画なのに、中国共産党に“忖度”しながら製作するとは何事か」という声が、一般の映画ファンの間からだけでなく、米海軍関係者、とくに対中強硬派の中から沸き上がった。

 というのは、主人公マーヴェリック(パイロットのコールサイン)が地上で着用している革ジャンの背中に貼られている大きなワッペンに、中国当局に気兼ねしたとしか思えないような変更が加えられているからだ。