アマゾン、印に世界最大のオフィスキャンパス開設 外資規制でeコマースに制約もサービスや輸出販売で稼ぐ

 米アマゾン・ドット・コムは8月21日、インドに世界最大のオフィスキャンパスを開設したと発表した。

 場所は中南部テランガーナ州の都市ハイデラバード。面積は約3万8400平方メートル(東京ドーム0.8個分)。オフィススペースの総面積は約16万7000平方メートルで、約1万5000人の従業員を収容できる。米国以外で同社初の自社所有オフィスビルになるという。

インドの外資規制がビジネスの制約要因

 アマゾンが同国で事業活動を始めたのは2004年。小売り事業を始めたのは9年後の2013年だ。

 インドでは、アマゾンのような外国企業がeコマース事業を行うことを禁じているものの、地場の小売業者(出店者)と消費者を仲介する事業は許可している。これにより同社はマーケットプレイス事業や商品の保管と配送などを代行する「Fulfillment by Amazon(FBA)」事業などを同国で展開している。

 自ら商品を仕入れ、消費者に直接販売することはできないが、販売手数料のビジネスや倉庫・物流ネットワークなどのロジスティック業務を提供するサービスビジネスは許されているというわけだ。

 しかし、インド政府は今年2月に規制を強化した。外国eコマース企業が傘下の小売業者を通じて自社のマーケットプレイスで商品を販売することや、出店者と独占販売契約を結ぶことを禁じた。アマゾンのほか、米小売最大手ウォルマートの傘下に入ったインドeコマース大手のフリップカートにも影響が及んだと言われている。

 (参考・関連記事)「アマゾン、突如インドで商品が消えた理由」

関連記事(外部サイト)